のんもも日記

日記の表記がかなり下にある事がありますのでご注意下さい。。モバイル用は;http://nonmomo.blog9.fc2.com/?m です(^-^)/

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--

念の為休みを一日取っておいて正解でした。

身体がだるく、さすがにグッタリして何もできませんでした。

のどかも保育園休ませていましたが、、、子供の相手もろくにできず、ずっと寝ていたような、、?

あまり記憶もありません。

旅行のお土産、一杯買ったつもりだったのに、さばいてみるとなんだか足りない、、。

北海道のものはなんでも美味しいので買っても買いすぎって事なさそうです。。

保育園のお友達が昼間用事で立ち寄ってくれたんですが、寝ぼけててほとんどろれつの回っていない姿で対応してしまいました~~
ごめんなさい!

スポンサーサイト
7.8 フェーリエンドルフにて


楽しい時間が過ぎるのは早いものです。あっという間に4日間旅行の最終日です。

午前中、又しても広瀬先生のニット館に立ち寄りました。

こちらの作品は、先生の作品のゲージをつなげた、というもの。

7.8 広瀬先生 ニット館 ゲージパッチワーク


圧巻です。。


「悔いの残らないように見て行って~!」と同行・徳ちゃんの有り難い言葉に甘えてじっくり見入っていました。

その間子供達は、林の中で、棒を振り回し、、

7.8 フェーリエンドルフにて3 アッキーとの


7.8 フェーリエンドルフにて6 アッキーとのん


思う存分走り回り、、

7.8 フェーリエンドルフにて4 アッキーとのん


大変満足していた様子です。

7.8 フェーリエンドルフにて2 のんこ一人写真


7.8 フェーリエンドルフにて1


7.8 フェーリエンドルフにて5


こういう空間、いいですね~~。


なんか北海道って空気が違うから??写真もとってもきれいに撮れてる~~!


帯広空港でラーメンを食べ、空港にあった看板でまたもや記念写真。

7.8 帯広空港にて


関空に着いたのは15時くらいで、空港で子供達にホットケーキなどを食べさせ、17時頃帰宅。

あぁ、楽しかった、、、命の洗濯、北海道旅行!!


この旅行で、空気も食べ物もおいしい北海道の虜になってしまいました。

やっぱり私には、TDLやUSJよりも、北海道が向いている、、としみじみ思いました。


2007.7.7 広瀬先生 ニット館4 入り口

 
7月7日は広瀬先生のニット館のオープン記念日という事で、先生がニット館に来館されると告知されていたので、今回の旅行の目的はニット館来館、が原動力だった。

宿泊先のホテルで朝5時半から温泉に入り、8時半くらいにはホテルを後にし、いざ帯広のニット館へ!

帯広の中札内という所にニット館はあるんだけど、見渡す限り畑一面で、とてものどかな環境で、木々も高く、さわやかで、、日本じゃないみたいでした。。

2007.7.7 広瀬先生 ニット館10 案内板の前で


チェックインで、ニット館にすぐ近くのコテージにも偶然変更してもらい(ツイてる!!)、車で移動。


荷物を降ろしていると、なんと広瀬先生が歩いてくるのが見えました!

木々の間をゆっくり歩く先生は、やっぱり50歳過ぎても「貴公子」のネーミングがピッタリでした!


日本編物文化協会のHPとかから、このイベントを知って行ったのですが、協会員だけでニットカフェの席などを予約してあったみたいで、飛び込み同然の私達は中に入れませんでした、、素敵なニットを着た御婦人方で会場は埋め尽くされており、、羨ましかったけど、仕方ありません。

でもニット館では、広瀬先生のトークも少し聞けたし、、





その間子供達は、、

ハンモックで遊び、、

7.7 ハンモック1.jpg


7.7 ハンモック2


ニット館での広瀬先生の机のあるお部屋でオモチャ出して遊び、、


7.7 広瀬先生ニット館にて アッキーとのん



まぁ、なんとかいい子にしてくれてました。(徳ちゃんありがと~~!)

広瀬先生のニット館で光ったのは、先生の人形。

2007.7.7 広瀬先生 ニット館12 広瀬先生人形1


一体誰が製作したんでしょう?

先生の著書も置かれてあり、お人形が番をしていましたよ。

2007.7.7 広瀬先生 ニット館13 広瀬先生人形2



広瀬先生を囲んでみんなで記念写真です。

2007.7.7 広瀬先生 ニット館5 みんなで記念撮影


更に!!

2007.7.7 広瀬先生 ニット館6 広瀬先生と♪


腰に片手を当ててポーズを取っている所がやっぱり芸能人クラスの立ち居振る舞いです。。


先生のニット館では、ドレスもあり、本当にこのドイツ風コテージにピッタリでした。

2007.7.7 広瀬先生 ニット館1ドレス


ドレスのアップです。

2007.7.7 広瀬先生 ニット館2 ドレス アップ


これが手編みだなんて、、、気が遠くなります。

ドレスのスカートの編地。

2007.7.7 広瀬先生 ニット館11 ドレスの編地


2種類の糸で編み込んで光沢を出している、、と先生がおっしゃっていました。
さすがにスカート地は機械編みとの事です。

なんと、間に飾ってあった造花はニットだったのです、、本当に驚きました!

2007.7.7 広瀬先生 ニット館3 ニットのお花


これなら、編み物で結婚式のブーケも作れそうですね。。

いかにも、「広瀬先生」なニットが並びます。

2007.7.7 広瀬先生 ニット館8 いかにも先生らしいニット


2007.7.7 広瀬先生 ニット館8


2007.7.7 広瀬先生 ニット館9


クローゼットもあり、、きっとこの中にも、目が覚めるような素敵なデザインのニットが入っていたと思うんですが、、子供もいたので、一枚一枚開けて見る事もできず、、断念。。

2007.7.7 広瀬先生 ニット館7 先生のクローゼット


やっぱり年末に行った銀座松坂屋の「華麗なるニットの世界展」には及ばない量とは言え、素敵な広瀬先生ワールドを満喫できる、日常の喧騒を離れて森林浴でリフレッシュできるニット館でした。

おまけ;ニット館近くに「伝統のニット ハンドクラフト館」という館も併設されており、多分日本ヴォーグ社所有?
で、ここにも可愛いニットが一杯展示されていました。

可愛いベッドカバー・・「赤毛のアン」の世界みたいです。
 
7.7 ハンドメイドの館 可愛いベッドカバー


パッチワークが入った額が飾られていましたが、中央の白い花は、広瀬先生が動画で説明して下さってた芸能人のニットと同じものです!
これは広瀬先生のゲージのパッチワークかもしれませんね~~。

2007.7.7 ハンドメイドクラフト館 額縁



この後、帯広市内へ行き、六花亭や、柳月のカフェレストラン「トスカチーナ」に行ったり、と美味しい物お土産物巡りしていました。

そうそう、市街から帰ってきたら、フェーリエンドルフ周辺、、街灯もないので、、すごい真っ暗!で、懐中電灯が欲しいくらいでした。

夜はグッタリ、、さすがに、朝5時から起きてましたから、、で、朝温泉にも入ってきた事だし、でお風呂に入らずバタンキューでした。


2007.7.6 ファーム富田にて


ホテルでまたもや朝食バイキングを食べ、旭川を後にし一路美瑛&富良野へ!

旭川から美瑛・富良野は近かったです。1時間ちょいくらいかな?


私、昔から美瑛と富良野の景色が大好きで、、、


2007.7.6  美瑛にて アッキーとのん


↑この画像は美瑛で撮ったんだけど、子供がこっちを見ているわけではないけどなんとも可愛くて気に入っています。


美瑛で子供に乗馬体験させようと向かったんだけど、のんこは馬に乗りたがらず、アッキーが乗る馬の後を一緒に歩いてついていく、、という感じで、、私は残念でした~~。

2007.7.6  美瑛にて1



富良野で向かったのは「ファーム富田」


大学時代、産まれて初めて行った北海道でもここに立ち寄り、感動した覚えがあり、それから通算4回目くらいかな?


2007.7.6  ファーム富田の風景



一面ラベンダーのいい匂い!天気もいいし最高!

2007.7.6  ファーム富田 みんなで♪






子供達はメロンソフトクリームを食べてご機嫌♪

2007.7.6  ファーム富田 メロンソフトクリームおいしい~


富良野ならではのラベンダーソフトクリームもあって、のんこ張り付いてま~す♪

2007.7.6  ファーム富田 ラベンダーソフトクリームに張り付く人



この撮影の後、台から落ちたんですが、、写真はなかなかいいのが撮れました~~

2007.7.6 ファーム富田1


こんな素敵な所でお腹出してる小娘一人。




ハーブ館もあって、素敵でした~~。

2007.7.6 ファーム富田 ハーブ館



あっという間に時間は過ぎて、この後は富良野プリンスホテルに併設してある「ニングルテラス」に行きました。

2007.7.6 ニングルテラス1


ここはいろんな雑貨屋さんが固まっているところで、とっても雰囲気があります。

2007.7.6 ニングルテラス2


2007.7.6 ニングルテラス3 木でできた雑貨 ピヨピヨ


2007.7.6 ニングルテラス のんこ


こんな所でもシルバニアに夢中だし~~。

2007.7.6 ニングルテラス シルバニアに夢中


なんと気球が飛ぶのも見れました。




結構気球って、火を出して浮き上がる音がすごくて、子供が怖がって乗れませんでした。

小学生くらいになったら乗れるかな?

気球がふわ~~っと浮き上がってるのは正味5分くらいで値段は2千円とかだったような、、


富良野の後、宿泊先は帯広に近い幕張だったんだけど、かなり遠くて、、、


2時間以上かかったなぁ。夜ご飯は回転寿司を食べ、ホテルに着いたのは22時くらいだった~~。


でもここは温泉がいい所で、、のんこと私は夜着いて早々温泉にも入りました。

明日への英気を養って寝ました。明日は広瀬先生ニット館レポです!



うちの職場は、7~9月の間に、夏休みを7日取れるのが魅力だ。

なので、今夏は北海道旅行を計画。

夏の北海道は3年ぶりだ~~。

同行は、仲良しの徳ちゃんとその愛息・アッキ~。

7月早々にスタッフで故障者が出たので、旅行の前は準・準の夜勤をこなし、夜中2時くらいに帰ってきて、最後の最後まで色々準備し、1時間くらいしか寝ないで、朝6時に実家へのんこを迎えに行き、バァバも手のかかるのんこのフォローをしてくれて、駅から関空行きのバスに乗った。

偶然にもバスはトラッキーちゃんのバスだったので、記念に一枚写真。

トラッキーちゃんバス


のんこ愛想全くないですが、、。

もちろん移動時間は貴重な睡眠時間。

でも楽しみにしていた旅行だったからあまり眠くならなかったな~~。

関空から旭川行きの飛行機は一日一本なので、


乗り遅れは絶対に許されないから


気合入って、空港着は8時すぎ。

バァバが作ってくれた弁当をありがたく食べ、飛行機へ乗り込む。

関空での二人


搭乗時間2時間。ぐっすり眠れました。。

実はまたもや、のんこの年を偽り(飛行機は3歳以上と申告すると飛行機代が発生する。ただし、2歳以下と申請して膝の上に乗せておくと無料です)膝乗せ状態だったんだけど、、眠くてたまらない状態(いや、寝てましたがな)での15kg膝乗せは、さすがにもうきつかった!

次からは子供の席を確保しようとさすがに思いました。

だってだって~~、早割りで搭乗券確保できなかったから、、結構な飛行機代だったんですもん。


それはそうとして、旭川空港へ到着し、すぐレンタカーの手続き。

旭川空港にはあんまり飲食街はないように見えたんだけど、本当のところはどうなのかな?

日産レンタカーでキューブを借りて、お昼を食べにドライブ。

向かったのは「あさひかわラーメン村」

ここは、平日だというのにどこの店もお客さんが店の外まで待っていた。

「塩ラーメン」でなんとか賞を受賞したとかの店に入り、舌鼓。

ラーメン屋さんで


旭川ラーメンって魚介のダシが効いてて、関西では口にした事のない味だったけど、おいしかったです!

そこから、旭川動物園に行って、着いたのは2時過ぎくらい?

旭山動物園で全員集合!


最初に行ったのは猿の所。

さるの館


すごい鉄柵、、。まずこの施設にびっくりだった。



それからのんこはダチョウがお気に入り。

旭山動物園 だちょうの前で


ダチョウと鶏の卵の比較模型が置かれてて、卵ラーなのんこは離れようとしなくて困った。。

旭山動物園 だちょう 卵




道の至るところに遊びココロ満載のほっこりする標識などあり

旭山動物園 可愛い看板



水道の蛇口がタコになっているのもご愛嬌~~

旭山動物園 たこの水道



自動販売機はゴリラのオブジェだよ。

旭山動物園 ごりらの自販機



座るベンチだって、こんなふうにペンギンさんが支えててくれてるんだよ!

旭山動物園 ベンチ



3時から、オランウータン最終の「もぐもぐタイム」

オランウータンの「もも」ちゃん(4歳)が、高い鉄塔を綱渡り状態で渡っていくのを見ました!

ももちゃん綱渡り





又、お母さんが棒を使って、檻の外のさくらんぼを取るのも、、


みんな釘付けで見ていました。


こんな高い所を、オランウータンに登らせようと考えついた旭山動物園のスタッフの研究心には脱帽です。

本来の習性を生かした設備でしょうが、動物園にいる動物は、野生を忘れている姿で今まで収容されていたので、この設備を作るには費用もかかったでしょうし、こんなふうに安全に見てもらえるまではすごい紆余曲折があったのでは?と思ったりしました。



のどかはフクロウにも興味深々でなかなかこれまた離れず。

旭山動物園 ふくろうの前で




ペンギンが水中で泳ぐのも見ました。





卵を温めるペンギンの姿も見れました。

旭山動物園 ペンギン 卵 あっため


外で、ペンギンが魚を食べるのも間近で見れました。

旭山動物園 ペンギン 間近で



外には手作りの可愛いペンギン案内看板がいっぱい。

旭山動物園 ペンギン看板



ホッキョクグマが水面にダイブする姿も間近で見れました。

すごい迫力!!

旭山動物園 ホッキョクグマ


画像の、クマの後ろにあるドームカプセルから、クマを観察できると聞いたことがあったように思うのですが、実際はどうだったのでしょう。。そこから人が覗いているのは見なかったような。


アザラシ館も見ましたよ。

旭山動物園 あざらし館にて



館内の写真はないけど、これは小さな子にはお約束~

旭山動物園 あざらし館で


外には手作りの可愛いアザラシ看板がいっぱい。

旭山動物園 あざらし館 看板



あっという間に閉園の5時。

結構園内は坂があり、たった3時間でも足はパンパン。

一日中とかだと体力がきついかも、、です。

まだ夏休み前の平日だからこれでも空いていたんだろうけど、、

ともかく、天気も良くて、良かったです!

またもや、子供をきっかけに楽しませてもらえたなぁ、、という旅行初日でした。


旭川市内のホテルに戻ると、ロビーには旭山動物園のぬいぐるみ達がお出迎えでした。

ホテル ロビー


3年前、北海道旅行した時までは全く旭山動物園の認知度は低く、るるぶにも載ってなかったし、旭川の地名も作家の三浦綾子の出身地という認知度くらいで、立ち寄る感じでなかったのに、今の北海道本には一番に旭山動物園が載っている辺り、随分な人気だ。


今まで行った動物園の中では愛媛の砥部動物園が最高!と思っていたが、やはり旭山動物園の工夫は日本一かも。。


旭山動物園が火付け役になって、全国の動物園のスタイルが変わってくれたらいいのにな、と思う。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。