のんもも日記

日記の表記がかなり下にある事がありますのでご注意下さい。。モバイル用は;http://nonmomo.blog9.fc2.com/?m です(^-^)/

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--


微熱が17日の朝から出始めた。

原因は分かっている。

日曜日・月曜日と連チャンで遊んで興奮していたのに、夜早寝させれなかったから、私の管理ミスだ。。。


反省。本当にゴメンね。


だから、昨日水曜日、こひつじ文庫があるのに休ませる事になっちゃった。


もったいなーーーい。


本人は、保育園休めて、ゆっくりできて嬉しそう。


しんどい時に、元気爆裂してる保育園児集団の中にいるってしんどいもんね。。


と、言うわけで、今日は昨日休んで大丈夫かなと思ったけど、もうちょっとしゃっきりしない、、って事でおまけの休み。

でも、英語教室には行ってもらった。

だって、金曜日、私がバァバと引越し関連の買い物で遠出する予定だったから。

でも、夜になってやっぱり微熱が出てると言う。

久しぶりに病気だぁぁ。


準夜勤務で久々にお産の介助、、と思いきや、5年ぶりの3人目さんだったからか、変な台風の進行みたいに陣痛が波に乗らず、お産は深夜に持ち越し、、当たらず。

お産は好きだけど、お産介助すると膨大な記録や処置があるんだよね。。

母子手帳記入なんか、産後すぐじゃなくても、退院時でもいいんだからさぁ、もうちょっと業務整理してほしいよ。。

とにかく、のどかが体調不良な今、仕事で疲労困憊してたら困る、、ので、助かったのでした。。


スポンサーサイト

準夜明けの休み、朝実家に電話すると、のどかが嘔吐して熱出していると。

あぁ、、最近、私が福袋、バーゲンと買い物に夢中になって帰宅が遅れ、そのあおりで夜の就寝が遅くなってたからだわ、、と猛烈に反省。

午前中ぐったりとしたのどかの様子。

午後からも一緒に昼寝した後、救急へ行き、吐き気止めと整腸剤を処方してもらった。

救急受診時には熱も下がり始めていた。


実は、今日役所のテニス初打ち&新年会の予定だったけど、当然行けず、、

残念だったけど、仕方ない。自分が悪かったんだから。

でも明日は、消防出初式だから、なんとか治って行けるようになってほしいよ~~。




準夜に行く前、、身体がしんどくって、「やっぱり午前中クリスマス礼拝行くのやめて寝てた方が良かったかなぁ」と思いつつ、運転してると、、道路脇で事故車があり、うっかり脇見したすきに、、





ブレーキとアクセル踏み間違えた




オカマ掘り寸前で、、止まったと思うんだけど?

相手のバンパーに当たったら、絶対音するはずだけど?振動もなかったし、、。


前の車の人が降りてきて、一応事故届け出しました。ほんそこに、警察官もいたしね。。


絶対、疲れてたからやわ。。


無理きかないわぁとつくづく思いました。

10月くらいから、ほんと身体の調子が↓しがち。


これくらいで済んで、大難を小難で済んだと思おう。一層これからは運転にしろ、仕事にしろ気をつけよう。。と思いました。





12月8日(金)の朝から、突然のどか発熱。

昨日、おとついと私が心身共に本調子でなく、家にひきこもりでミシンしていたんだけど、本当は神戸の画廊に行ってルミナリエ行こうかなんて思ってた、、(←実現せず)

行ってなくって良かった!


外に連れ歩いてて熱出た、、なんて事になったらどれだけバァバに非難される事か。

親が子供を連れ歩き回すからだとか、今まで散々言われてきたから、、。



に、しても、のどか昨日まで全く普通で元気で、いつもどおりだったのに!!

久しぶりに、急な発熱だった。


折しも私の勤務は朝から日勤で深夜入り。

いつもならバァバに朝お迎えに来てもらうんだけど、とてもバァバのチャリンコに乗せれる状態ではないので、車でのどかを移送する。

もれなく必要な薬も持参してバァバ宅へ丸投げ。

そんなこんなで朝の時間は全くないに等しく、出勤途中車内でおにぎりを食べながら仕事に行く。

あぁ、車通勤、、食事も出来るし化粧もできる。これが電車ならこうはいかない。

安全運転安全運転。。



この日39℃まで熱は上がり、昼間と夜に2回座薬を使ったとの事。


9日(土)は、私が夜勤明けだったので、ぐったりと眠るのどかの添い寝番。

夜勤明けの私が、寝る事で娘の役に立つなんて珍しい。


10日(月)は、私が休みだったので、悪ければ病院に連れて行こうと思ってた
けど、すごく機嫌も良くなって家で遊んでいたので、明日保育園に行けるんじゃないの?と思うくらいだったので受診せず。

かえって、夜調子が悪くて、子供の前で泣いてしまった私に「だいじょうぶ?」と声をかけてくれるくらいののどかだった。

のどかが回復していく一方、何か悪いものが私へ移ったのか?

私が心身共に絶不調になる。

初めて仕事で辛かった事をバァバに話した。

某小児科女医と合わず、もう気分は最悪だ。


私の調子が悪い為、のどかはバァバ宅でお願いし、お泊り。いや、丸投げと言うべきか。。

子供を見たら嫌な事も忘れられる、子供の為にがんばれる私なのに、もう子供の面倒が見れないくらいに追い込まれていた。

バァバに言っても「もう辞めるか」と言う返事。

こんな時「頑張れ」と言われるのが本当に辛い、禁句だと言う精神科の患者さんへのアプローチセオリーを実感した事はない。


結局夜先輩にまで電話で相談させて頂き、ご迷惑をかけたのだけど、いつも先輩が患者さんを和ませている口調で、、今度は私が患者役だ(注;精神科ですが)。

いつも明るい先輩は、電話口でも、立ち止まって停滞している私をそのままに、受け止めてくれての言葉で、本当にありがたかったです。

しかし先輩の温かな口調でエキスパートナースとして慰めてくれた後での、妙に人間くさい慰めの一言;

「アタシが男やったらなぁ~~、肩でも抱いてヨシヨシ~~ってしてやるのにぃ~~ 彼氏作りな!?な!?」



・・・あの、、、先輩みたいに年々若返る人種と私は違いますから、、、
(もちろん、見習いたいとは思っていますが!)



でも、こう言って明るく話してくれるのが、先輩の魅力であり、年々美しくなる秘訣かもしれない。


・・それなら、KATU-NEの赤西くんのライブ見に行きたいな。

そしたらこの精神状態も緩和されよう。


とは言え、、

その日は疲れからか、生理前だからか、、。結局夜中3時ごろまで涙が止まらず、ほとんどノイローゼ状態だった。

こんなのが続くなら、間違いなく精神科行きだ。

薬で治るならいいじゃないか。本当にこの時はそう思い込んでいたくらい心身共に疲れ果てていた。



11日(火)のどかまた調子悪くて熱上がってきたとの事。
昨日元気そうだったのに、、 私がのどかの前で泣いてしまったからだろうかと悔やむ。

市民病院に連れて行くのは遠いので、近くの内科で診てもらったら「インフルエンザA型」がバッチリ陽性だったとの事。



え~~!インフルエンザ!?



でも保育園でのどかのクラスはめっちゃインフルエンザ流行ってるらしい、、。

この間、先輩と11月末に温泉行った時は、紅葉がきれいで秋の景色だったってのに、もう冬の代名詞みたいなインフルエンザの時期なんだ、、。

そーいえは今年も去年も間違いなく予防接種は受けてない、、

2歳までは受けてたぞ。

インフルエンザって言ったら、高熱のイメージだったから、今回まさかそうとは思わなかった。

生まれてから予防接種全然受けてないわけじゃないからこのくらいの熱で済んでるのか、、。

とりあえず、インフルエンザにしては症状軽いからって事で、抗生物質だけの処方。

私が家に連れて帰っても、又朝動かさないといけないので、のどかまたもや実家でお泊り。一体何泊目だ? おぉ、四泊目ぢゃないか。。。


仕事でも、婦人科と泌尿器科の共観のおバァ様の入院を受け、かなりくせのある方で手こずる。

ここは小児科病棟だっちゅーに!!

「入院している子、よく泣くのねぇ。最近のお母さんはいいもの食べさせてないのかしら。」という発言に開いた口が塞がらない。

ん十年前に一人娘の子育てしたくらいじゃ、もう子育て感覚は抜けきってるのだねぇ。

そら、70近くて孫もなければね。。

何事も経験だなぁ。


うちも、娘一人。のどか、頼むから、いつか私に孫の顔見せておくんなまし。

な~~んて。。。

そんな先の事どうでもいっか。

今は、自分に娘というかけがえのない存在がある事に感謝しながら、毎日が過ぎていく。。


12日(水)のどか、だいぶ調子良くなってきて、冗談とか言ってる。
少し安心。私が深夜入りの為またもや実家で連泊ののどか。 母子分離状態だ。。


13日(木)この週は限界まで疲れていた週の最後の夜勤明け。
相方は大好きな先輩だったので、こんな年になっても、頼りがいのある先輩に大甘えで、、心身共に快適な勤務だったけど、深夜勤中2時半に初産婦さんの破水入院あり。

破水してる人って、急激に進む事があるから、気が抜けない。

初産婦でも、破水入院して1時間後全開、とか見てきた事があるので慎重になる。

大先輩Nsとの夜勤とは言え、ゴールデンタイムの朝方に出産になると大変な事になる。

6cmで、日勤者に送り、帰る事が出来た、、結局その方は11時に出産されたとの事で、やっぱり注意してたのは間違いではなかったんだけど。


力尽きて爆睡し、夕方実家へ。

やっとのどかを自宅へ連れて帰る事が出来た。何日ぶりだ?5日ぶりか・・?

親子共々きつい週間だった。

実家の家族、職場の大先輩始め同僚、周囲に助けられながら乗り切った週間でした。




昨日日勤出勤時バァバとのどかと同伴出勤し、午前は病棟の空き部屋で待機させてもらい、午後から救急で見てもらいました。

夜中3時が最終の嘔吐だったから、6時間も経ってるしと、水を50cc飲んでもやっぱり嘔吐。

かなりしんどそうにしてぐったりしていました。

午後、外来で測った熱は37.8℃。

またもや浣腸30ccして、便が出て、それからソリタT1200ccに50%Tzを混ぜた点滴をしました。

浣腸する時も、点滴する時も、泣きませんでした。

いや、本当は、脱水で泣く事もできないくらい弱っていたというべきか、、。

しかし、点滴をする際「お母さんと10まで一緒に数えよう!」と声かけし、かすれた声で一緒に10まで数えて泣かなかった事をほめてあげました。

初の車椅子体験で病棟へ。


のんこも、私が働く病院での治療で、実際白衣を着て働く私の姿を見て、やっと「お母さんは看護婦さんなんだ」とはっきり実感できたようです。

前の病院で同伴出勤した時は1歳8ヶ月だったもんなぁ~~。

病気になってしまったのはかわいそうだったけど、思わず社会見学できて、ケガの功名。。


点滴が終わる頃は、しおれた花が水をもらって生き返ったかのごとく、病室で吉本のテレビを見て笑ってるほどに回復。

15時に、病院から黄色いタクシーに乗ってバァバと帰って行きました。


私は、夕方まで働き、実家に帰り、21時~23時まで仮眠取って深夜勤に。

さすがに、ほとんど寝ずして日勤に来ての、深夜入りだったので、、深夜明けの私は廃人でした。 ( ´ρ`)。o ○

ホントはこの深夜明け、一年に一度のお楽しみ、宝塚歌劇に行く予定だったのに、のどかがこんな状態だから、昨日お世話になったバァバにチケットは譲って、子守、、、カブちゃん(カブトムシの幼虫)の土交換でもしようと思ってたのに、ジィジが見てくれてる安心感もあって、昼から夕方まで爆睡してしまいました。


夕食はバァバが作ってくれた、おじや。

まだのどか食欲ないけど、病院から帰って一回も嘔吐していないし、明日は「保育園行きたい」と言ってるから回復良好かな。

でも「車椅子もっかい乗りたい?」と聞くと



口をへの字にして「乗りたくない」


だってさっ(爆)



こりゃしばらく脅しネタに使えるな、、ヒヒヒ((( ̄∀ ̄))) ←鬼母の図



まぁそれにしても、のどか産まれてから何回目の点滴かな?

少なくとも3回はしてるな、、

働く母の子供だから、小さい身体にやっぱり負担かけてるな、とは思う。

私なんか専業主婦の子供だったから、しんどい時にはすぐ布団で休ませてもらってたから大病しなかったし。


可愛そうに思う事もあるけど、自分の子供が入院したら、入院患児の親の気持ちが一番理解できる医療者になれるだろう。




やはり何事も経験。




のどか、すまんが耐えてくれ。(-人-;) 


ま、でも君は色白だから、もう大きくなったし、血管よーく見えるから、次からは母が家でも点滴してあげるぞよ。


でも私が10月から体調崩してから、やっぱりのどかにも影響しているみたい。

もう大きくなってキッズやわぁ~と思ってたけど、所詮保育園児のうちは、まだ親の影響強いんだなぁと実感です。




準夜に入る前に昼前後からもベッドで身体を休め、やっぱりシャッキリしないまま病棟へ。

忘年会の出欠取らな~~などと、思っていると、大好きで、尊敬している副師長さんが私の顔を見るなり

「のんももままさん!!今日、すごい結果が皮膚科から連絡されましたよ!!」と。


私;「はい?」


副師長さん;
「のんももままさん、培養の結果MRSA出てるよ!ちゃんとMに効く薬出してもらわな!」


私;「えぇっ!いや、でも、そんな、、、いや、私だけじゃないですよぉ~~!みんな検査したらきっと私の他にも出ますよぉ~~!」


などと、、、悪あがき、、、。



そうか、MRSAだったからこんなにしんどかったんだ、、。



いやはや、医療者にはM持ち多いと思うんですけど、、。



確か10月初旬には女性4人部屋にMのバァちゃんいたぞ。
そーいや車椅子の移乗で熱い抱擁を交わしたりしたよな。おトイレの移動もあったしさ。 



そーか、彼女の置き土産か、、。




あたしゃ真面目に仕事してるのによぅ~~、なんて土産もらっちまったんだい、、とか思いながらも、一方では原因が分って安心している自分がいた。


だってこの風邪にかかって以来、意欲減退著しく、何も手につかない状態で1ヶ月以上経ってたから。


でもM持ち助産師が勤務して新生児扱ってたって問題だよね~~きっと。。。


一応シールド付きマスクはしていたけど。。





恐怖の月曜日の深夜明け、とっとと病棟からおさらばして耳鼻科へ。

10月からの風邪は、鼻水→鼻の中が荒れてデキモノができ→顔面にとびひ→やっぱり鼻水が残る


と、鼻から始まり、まだ鼻水が残るという状態で、いつまでたっても治らないから、鼻水、鼻と言えば耳鼻科でしょ!とばかりに、今度は耳鼻科へ乗り込みました。


1~2年前、ひどい鼻水が出る風邪を引いた時、当時の師長さんから「ポララミン」という薬を恵んで頂いた。

そしたら、1錠飲んだ途端、ビシッと鼻水が止まり、、同時に猛烈な眠気が出てきて、、仕事にならないくらいで、、昼休みつっぷして寝ていた覚えがあり、、

でも深夜明けだし、もう寝てもいいから!そーだ、このしつこい鼻水をやっつけるべく、「ポララミン」を処方してもらうんだ!と耳鼻科へ出向いたわけです。


うちの病院であっという間に産婦人科、皮膚科、眼科、耳鼻科と外来ハシゴしちゃったよーー。



耳鼻科に行くと、なんと鼻のレントゲンを撮って来いとDrに指示された。


初めて、、鼻のレントゲンを撮ってもらったけど、うつぶせになってかなり珍妙な姿での撮影だ。


私、、別に今話題の亀田兄弟のようなボクサーでもなんでもありませんから!鼻を骨折したわけじゃないんですけど、、と思いながらも、レントゲン技師Iさん(病院でのある意味有名人)が

「あんまり鼻水止まらなくって膿みが溜まってたら、ブスッとチューブ入れられて、穴開けられるからか『バキッ』とか音して、膿み取りに通わなあかんようになるよぉ~~!
僕した事あるもん。」

などと脅す脅す、、。本当の患者さんには言えないけど、内部者へなら言い放題だぁ。


「ひえ~~!私、出産したけど、そんな痛そうなの嫌です!!」

などと恐れおののいていたけど、私のレントゲンを見てその技師さん、

「あ、こりゃまだきれいやわ。これやったら薬で治るね。」と。


いやはや、風邪って言ってもあなどってはいけないのね、、。そんな恐ろしい処置もあるとは。。


そういや27歳の時風邪こじらせて肋骨2本骨折した事もあったしなぁ。。



なーんて風邪の怖さを痛感しながらレントゲンを持って耳鼻科へ戻ると、レントゲン技師さんの言ったとおり、内服だけですんだ。


熱望していた「ポララミン」は、うちの病院では置いてないらしく、代替薬品「アレジオン」「セレスタミン」を処方された。


抗生物質も、皮膚科で出された「セフゾン」じゃ効かないからもっと強いの出して欲しいと伝えると「クラビット」が出された。


もう、この体調不良が治るならなんでもいいから、薬くれ!って感じだよ。


10月からの風邪、とびひ治療代で1万円は軽く超えてるぞ。




保育園バザー前日の為、お手伝いをするべく、希望で休みを確保していた日だった。


午前中は「掃除力」の舛田光洋先生のお話を聞くべく小学校へ。


でも、途中で寝てしまいました、、。


先生も緊張していたのか、最初は演台での会話がスムーズじゃなくて、「なんか講演者って言うより、一般の父親みたいな感じだなぁ」という印象。


なんだか思ったほどオーラを感じる事がなく、、と言うか、私の心身が疲れきっているからオーラをキャッチしにくいのか?


でも広瀬先生のトークは面白くて眠いと思った事はなかったぞ。


やっぱり相性かしらん、、などと思ってるうちに眠りの国へ、、。



この講演会を聞いて「掃除」への意気込みをUPさせようと目論んでいたのに、なぜか眠気をUPさせ、帰ってからも寝てしまい、なんだかしんどくて、結局保育園へお手伝いになんてとても行けず、、延々夕方まで寝ていました。

なんかこのところ、とびひになる前に風邪になった10月中旬からずーーっとしんどくて、何もやる気が出ない。

大好きだったソーイングも、もうミシン触ってなくて2週間くらい経ったかも。

身体も心も、まだまだ本調子には戻れないなぁ。。


細木数子の占い本によると「健弱」の年。こんな年も終わりになって痛感です。

子供は咳をしながらもなんとか元気。それは救いなんだけど、、。






深夜明け。妊娠初期のスタッフとの夜勤だったけど、入院とかもなく、無事に朝を迎える。

昨日産婦人科部長先生が処方してくれた漢方が効いたのか、ちょっと身体のしんどさがましになってきた。




せっかくの休みだけど、例のとびひのせいで、めちゃくちゃしんどくて、本当に一日中頭が上がらず、寝て過ごしました。

朝子供を保育園に送り出し、起きた時にはもう暗かった、、。実家に行ったのは夜8時くらいだったか。

東京から弟が結婚の為両親説得に日帰りで来ていたけど、もう帰った後。

弟なんかに会う気力もなく、とにかく疲れていてしんどかった。



深夜勤だけど、しんどかった、、って、顔のとびひが、、勤務自体は落ち着いていたんだけど、、。

昨日の日中はなんとか我慢してシールド付きマスクしてたんだけど、とびひの湿疹が痛くて、マスクしてたら呼吸困難になりそうだし、詰所にいる時間帯はマスク外して、なんとか生き返ってた、、。

心配していた4月&9月のゴールデンコンビの夜勤は、明け方まで何もなく静かな心穏やかな勤務。

それでも、朝は何が起こるか分らないから、早く回ろう!と6時前から回りだすと、小児科二人入院中の付き添い母が、「おっぱいが痛くて、、助産師さんに見てもらえますか?」とフラフラな面持ちでやっ
てきたので、おっぱいを見に行くと、おっぱいは全然張ってないんだけど、そのお母さん、38度台の熱があり、吐き気を催していて、とても付き添いできる状態じゃない。

で、急遽救急外来を受診してもらう事となり、看護師一人がその小児科二人の部屋に張り付かないといけない状態になり、、かなりイタイ!!

私は外回りで、、、なんとか朝を迎え、日勤者が来て交替。



夜勤明け、うちの病院の皮膚科へ。

このとびひ、広がってるんですけど!なんとかして下さい~~!!って事で、受診。

「アクチアムクリーム」がイマイチ効いてないようだったので、「ゲンタシン軟膏」を処方してもらった。

それと抗生剤「セフゾン」カプセルと痒み止め。

でも、この痒み止め、飲むと眠くなるのよね、、。

痒いし痛いししんどくてたまりません~~。


そんなこんなでフラフラ。

とにかく、寝てたら痛くもないし、痒みも分らないさ!

って事で、とにかく寝る・寝る・寝る。。

もう子供の事なんて構っちゃおれません。何してたか全く覚えていません。。



昨夜と今朝とエクシブ京都で温泉に入ったんだけど、今朝から左目が痛い。

見ると、左目の下瞼に小さなデキモノが出来ている。今日準夜だってのに。。

その他にも、左頬に湿疹。痛い、、。

なんだか、こんな痛いのおかしい!!


土曜日だし、大きな病院は開いてないから、アクタのクリニックフロアに入っている眼科と皮膚科を受診した。



皮膚科では「とびひ」と言われる。



のどかが9月にとびひになってたけど、、、こんな1か月も経って、うつるもの??


家に、「子供がとびひで使ってたアクアチムクリームがある」と言うと、皮膚科の先生はあっさり「じゃ、それ塗ってて下さい」と。

ついでにお尻にオデキ?なんかデキモノも何ヶ月か出来てたので、恥をしのんでそれもこの際と思って見てもらう。

産婦人科でお下関係よ~く見てる私なので、羞恥心レベル↓の人だから、、、

お尻には「フルコート軟膏」ってのを処方してもらう。


眼科では、なにやら目に空気を吹きかけられたりの処置があったけど、目には異常ないらしい。


眼軟膏と点眼薬を処方され、ひとまず一段落。


こんな状態だけど、どっちの先生にも、仕事内容話しても、「仕事していいです」との事。


とにかく早く治ってくれ。。。






深夜明け、家に帰り着く頃、愛車の助手席側のウィンドーが下がったまま上がらなくなってしまった。

ディーラーで直すのとオートバックスで直すのとどっちが安いのかなと思ってたけどあいにく今日はディーラーがお休みで、オートバックスに持って行ったらウィンドウレギュレーターのモーター不良、、ということで部品取り寄せ(で、2万)、修理(5千円)で2万5千円くらいかかるらしい、、中古だからなぁ。色々傷みが出てきちゃうのも仕方ないよね。

原因を調べるのにバラすのだけで工賃2千円取られたー ちぇっ。


16日夜に徳島から帰ってきたのんこの顔面がすごいできものだらけであんまりなので、連休が明けた今日早々にバァバが皮膚科に連れて行ってくれた。

診断は、、


とびひ


でした。病院に行ったらすぐに隔離室に移されての診察だったらしい。

やばい。金曜日から旅行だってのに。


先生曰く「4~5日で治ります」との事。

早速投薬開始。内服薬はセフゾンとセルテクト。塗り薬は「アクアチムクリーム1%」。


「ちゃんと薬飲んで治さないと凪ちゃんとこ行けないよ」と脅す?と、凪ちゃん効果で、薬を粉で口に流し込み、その後水を飲んであっさり飲めた!

保育園で病院ごっこをしている効果もあった様子!


やっと4歳8ヶ月にして、


まともに薬が飲めるようになった。。
 



それにしても、毎年9月はのんこにとって受難月だ。

こうやって育児日記を書いてるので、過去何があったか検索できて便利。
そうすると毎年9月は病気している事が判明。なんでなんだ~!


顔だけなんだよね~~。


最初は鼻辺りにプチッと出来てた(1~2個)くらいだったのになぁ。

こんなに広がるなんてーー。


小児科で全身とびひで入院してた子見た事あるな。。

顔は、でも痕残らないか心配だなぁ。。

今は全然痒がってないけど、治りかけ、かさぶたが出来た頃に痒がってかきむしって皮をはがすとまずいらしい。

とびひ体験された方、情報お願いします~~!



北海道旅行済んで一週間後くらいから右奥歯歯肉が猛烈に痛み出し、歯医者通いを初めて3~4回通いました。

私の歯は、下の歯が、顎に比べて歯が大きい為、歯並びが悪く、そのせいで歯石がたまりやすいと毎回歯医者に行くと言われます。

先生曰く、半年に一回くらい通うのが理想的だそうですが、前回一体いつ行ったのか覚えていません。

今回の診断は、親知らずの歯石が溜まってポケットが出来て、腫れたとの事。

それと、昔かぶせた虫歯の銀色の詰め物が、今では「身体に有害な成分がある」だとかで、白い詰め物に変えるように勧められ、並行してその治療もしています。

小さい頃から家族でお世話になってる歯医者さんに久しぶりに行ったら「治療計画書」なるものが渡されました。
病院でもこういうの渡すようになってるけど、歯医者さんでもそうなってきているんですね。

歯医者と言えばあの、「キィィ~~ン」とか、「ガガガー」とかの歯を削る音がなんとも苦手です。

歯石を取る時に血だらけになるのは、我慢できるのですが、、(結構これも痛いけど、今までの肋骨骨折や出産の痛みに比べたらなんてことはない)

あぁ、歯並び、、今更矯正ってのは手遅れなのかな?でも後30年だかそれ以上か、今まで生きてきたくらいまだ生きるのであれば手遅れって事もないんじゃ、、

私の受け持ち患者さんなんて90歳だしさ、、

子供の歯並びはきちんとなるように気をつけます!

って事でOCA Japan  の「歯列矯正ガイドブック」ってのを資料取り寄せしてみました。

なんと歯列矯正医院での無料初回カウンセリングがサービスされるのです。

歯医者って言っても、親知らずは抜ける、抜けない歯医者もあるし、矯正歯科をは又考えが違うみたいだし、、色々ですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。