のんもも日記

日記の表記がかなり下にある事がありますのでご注意下さい。。モバイル用は;http://nonmomo.blog9.fc2.com/?m です(^-^)/

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--


去る11月25日、お絵描き教室(happiness birdさん)に、初めて行って来ました♪


きっかけは、苦楽園のブティック tonaliteさんで見たポストカード。



既に、習い事は3つ(英語・YAMAHA・スイミング)をしているので、毎週毎週通う習い事を入れるのはちょっときつい。


月に一回くらい、習えるのが理想、、と思ってたところにまさにピッタリなお教室だった。



それに、自宅から近く、なんとかつて通ってた高校への通学路にあることが判明!



それと、先生のブログが可愛くって、、



キャンセル待ちをしていたら、行ける事になり、保育園のお友達を誘って、興味深々で、自宅教室を訪問。



作った作品は「ゆらゆらことり」



~丸い塩ビ板に、アクリル絵の具で色をつけ、小鳥の目とくちばしをつけ、仕上げに羽や、毛糸などをくっつけ、、



子供達は喜んで作っていました。キャア♪o(=^ω^=o)(o=^ω^=)oキャア♪



2008.11.25 ①



2008.11.25 ②



2008.11.25 ③



こういう教室に通って、日々の子供との遊びのヒントをもらえるといいなぁ~なんて思います。



ハンドメイド好きな私の方がとっても楽しみで、、



今度クリスマス会もあるようで、お休みも取りました!(゚∇^*) ♪



たーーのーーしーーみ♪♪で~~す!!(o^∇^o)






スポンサーサイト

2008.9.15 ボローニャ国際絵本原画展①


のどかを連れて行くのは多分3回目じゃないかなぁ。。

去年はなんだか行き逃してしまった「ボローニャ国際絵本原画展

開催期間が一ヶ月ちょっとだから、あっという間なんだよね。


昨日に引き続き、保育園のお友達と小雨降る中、美術館へ行った。


入り口の所で。


2008.9.15 ボローニャ国際絵本原画展②


2008.9.15 ボローニャ国際絵本原画展③


いつも、入り口のオブジェは日本人の入賞者の作品みたい(何回も行ってるのに今年になって気がついた)。

今年はちょっと不思議な感じの絵。

例年は結構メルヘンチックだったように思うけど~~。


今年の原画展内容感想は、、うーん、大人向きな絵が多かったかなぁぁ~~。


しかし、昔は、のどかを抱っこして回った(小さすぎて、絵が見えないから抱っこで目線を上げていた)原画展だったけど、もう、ちょっと下から見るくらいで、自分で見れるから随分楽だ!!
それだけでも感動だ~~。トイレも自立してるし、ご飯も自分で大概食べれるし、、あぁ、なんて楽なんでしょ。
昔、重量上げのような気分で原画展を回ってた頃を思えば、、すっごい楽。


美術館の中では、原画展で入賞した作品も自由に見れる絵本のスペースがあり、子供にとっては原画を見て回るよりも、こっちのスペースの方が良さそう。

座って見れるしね。


美術館の外には綺麗なお庭があって、子供達で駆け回る。


2008.9.15 ボローニャ国際絵本原画展④


2008.9.15 ボローニャ国際絵本原画展⑤


2008.9.15 ボローニャ国際絵本原画展⑥


涼しくなって一番過ごしやすい時期だね~~。


つい懐かしくなって、経年の国際絵本原画展画像を拾い集めてきました。


2004年 のどか1歳8ヶ月 この時は重量上げ気分で絵を見ましたね。。


2004年 ボローニャ国際絵本原画展



2005年 のどか2歳8ヶ月 まだ重量上げ気分でした。手がかかってた頃です。この時はさやかちゃんが付き合ってくれていました。


2005年 ボローニャ国際絵本原画展①


2005年 ボローニャ国際絵本原画展  さやかちゃんと.jpg



2006年 絵本教室のみんなと。この時友達がチーズパンをお土産に持ってきてくれてて、その美味しさに感動しました。

2006年 ボローニャ国際絵本原画展  絵本教室のみんなと.jpg



オブジェも可愛かったです☆☆


2006年 オブジェ.JPG



画像を見ていると、昔の可愛い、小さな時の画像いっぱいで、ほのぼのしちゃいました。

日記は、やっぱりその時々で忙しいのでなかなか残せていないのですが、貴重ですね。

昔は、日記書くにしても、画像処理がえらく時間かかって大変だったんだよね。今の3倍くらい手間かかってたと思う。
あの頃を思うと随分アップしやすくなったよねぇ。


今からでも過去分、時間が許すなら画像と共にアップしたいくらいです~~。




気分を変えて今日の絵本塾の話題。

実はここ最近サボり癖が発生し、大田朋先生と高科先生の授業を休んでしまってたけど、今日はWAKKUN先生なので、腰を上げた。

WAKKUN先生の授業は、墨を使ってその時間内(2時間)で仕上げる事がほとんどなので、気が楽だ。

今日は絵巻物みたいな横長(縦長に使用も可)の紙に描いた。

私は、のんちゃんへの4歳の誕生日プレゼントにこれを送る事にした。

毎度授業に来ると、他の人の作品にはっと感動させられる。

皆才能のある人ばかりでとても刺激になる。

11.15 絵巻物1

11.15 絵巻物2

11.15 絵巻物3


本来は上の画像から一番下まで、右から左に向かってつながっている。

ちなみに、最後の絵の左端に、実は「○ンチマーク」が、、、

私の要望をひそかに記入なのだ。
バザー用 スーパーボールすくい

バザー用 ふくつり


遅くなりましたが、11月のバザーで頼まれた看板のイラストをアップしておきます。

スーパーボールすくいと、福つりの看板を描きました。

ボーリングはネットでフリーのイラストがあったから良かったものの、この二つはいいのが見つからなかったので、私が描きました。

もしどなたかがブログを見て、バザー等何かに使用する際はこちらのコメント欄にお知らせして使用頂けますと嬉しいです。


2011年8月1日追記:

2006年にアップして5年経過し、沢山の方よりコメントいただき(承認出来ておらず申し訳ありません!)、使用していただけていますこと、大変嬉しく思っています。

どんどん活用して下さいね!


8.1 絵日記 けいたくんとプール


保育園のお友達と東条湖おもちゃ王国へ行った。

去年も来てて、その時はプールに乗り物にトミカ&プラレール館にとフルに回っててなんちゅう体力・・と今となっては当時の体力が信じられない。

今年はパワーダウンした私、乗り物券は買わず。。


久しぶりのプールに大喜び!

8.1 ちょうちょ見て!


8.1 けいたくんと1


けいたくんと浮き輪でス~イスイ♪

お昼はラーメン食べたよ~

8.1 ママとのん お昼ごはん一緒に


カメラを向けていい顔なんかしてくれる愛想は持ち合わせていないムスメ。

女は愛嬌やろが!といくら教えても修得せず。

8.1 けいたくんと2


絵本塾に通って3ヶ月が過ぎた。

8月は授業お休み。


絵本塾に通いだして、気がついたこと。


子供の頃、あんなに絵を描くのが大好きだったのに、もう10年以上か、病院仕事に従事してて、絵を描くことからすっかり遠ざかっていたら、


手が硬くなってしまってて、スラスラと

自由な発想で楽しんで描けれていない




事に気がついた。



そんな時に思い出したのが、Nahoさんのブログで紹介されて知った、ひすいこたろうさんの無料配信メルマガ「☆名言セラピー」で6月3日に配信された【カズ】





 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

心理学博士であり
社会学博士であり、
教育学博士でもあり
さらにダジャレのスペシャリストで
旅行作家の小林正観先生より教えていただいた話です。













「モーツアルトはものすごい量の曲を作りました。
 美空ひばりはものすごい量の歌を作りました。
 手塚治虫はものすごい量の漫画を描きました」










=======================================
というわけで……3秒セラピー♪

「天才とは数ですよ」by小林正観

=======================================



そう。その通り。

趣味で終わらせるなら、こんな高い学費払って1年も絵本塾に通う必要はないだろう。


絵を描く努力をしていかなければ、もういけない年になってしまったんだと自覚し、夏休みの絵日記じゃないけど、できるだけその日印象に残ったことのイラストを描いていくことにした。


スキャナーがあれば簡単に取り込んできれいにアップdけいるんだけど、ないからひとまずデジカメで撮影してアップしていく事にする。(画質は二の次だけど、、)


今日の作品はコレ。


2006.7 イラスト 魚渡さないよ!



のんちゃんは本当に魚が好き。


「サワラ、買ってきて!」とか頼むし。


私、魚の種類なんか中学生になってもピンとしていなかったような。


この味覚の趣向は完璧に父親譲りだな。


魚だけ、お米なしで平気で2匹食べる、、とかもあるんだもん。


このイラストは、自分の魚皿を、「もういいやろ」と言って横から取られそうになった時、ガン飛ばして死守するの図。






< ますおりさこさんのイラスト~HPより >

ますおりさこさん 女の子と動物

ますおりさこさん ゾウとクジラますおりさこさん 気球と雲


[下段左上が案内状で見た絵で、とても印象に残り、作品展に出かけるきっかけとなりました]


夜勤明け、とっても暑くてしかも身体も眠くてしんどかったけど、絵本塾に置いてあった案内で、どうしても行きたかった「ますおりさこ」さんのイラストレーション展が今日までで、昼寝明けののんちゃんに「電車乗りたいよね~!?」と、無理やり同意を求め、いざ大阪・梅田へ行ってきました!

少しでも涼しい道で行きたい、、とESTの中を歩いたんですが、のんちゃんにはワケわかめの大人の世界、、だよね。

ディスプレィの赤いマネキンに「?」なのんちゃん、赤は突出する色だから目に留まったのか、触ろうとしてたわ~~。

子供の足だから、駅から15分くらいかかって、「大阪造形センター」という所に着きました。

イラストレーション展が開かれている5階までは階段をひたすら登ったんだけど、階段が緑やオレンジ、黒と色んな色階段になってたので、のんちゃんも楽しく登れて良かった~~。

到着は、4時半も過ぎたくらいで、遅かったんですが、ますおりさこさんはとても親切で、ゆっくり絵を見せていただいた上にお茶やお菓子までふるまっていただきました。おみやげに飴までくださったお心遣い、、
本当にごちそうさまになりました。。

ますおさんの絵はとってもかわいくって、ほのぼのとしてて、ご本人さんになんだか似てるような感じがしました。
HPでも絵を紹介されていますが、実物の細かいきれな色合いなど見れて良かったです。
原画はとても細かく書かれているのに、HPなどで圧縮して掲載されると、ベタッと均一な色合いに見えるのがもったいないほど、実物はきれいだったです。
masuoさんとの記念すべき一枚、、
最後、ますおさんと新作の絵の前で記念写真を撮って頂いたのですが、のんちゃん、写真キライで、、カメラの方を向かいないばかりか、抱っこされるのまで嫌がる!とんでもない、、一枚になったけど記念に掲載、。
姫路市立美術館で「こどものとも」の絵本展が始まった。

ちょうどこの日は「もこ もこ もこ」の作者元永定正氏の講演がある日で、夜勤明けで、身体はかなり疲れていたんだけど、絵本塾で大田朋先生がお勧めしていたので、、久しぶりに晴れて、蒸し暑い中姫路まで行ってきました。

14時から講演予定で、100人しか入れなくて整理券を配る、、との事だったんだけど、姫路駅に着いたのが14時。
「バスで6分」とチラシには書かれていたが、時間がないのでタクシーに飛び乗ると、タクシーの窓の外で「美術館に行かれるんですか?」と若い女の人が。
「私も行きたいので乗せて下さい」と言ってこられ、同乗者が増えてこっちもラッキー!
聞くと、私が電車で「こどものともの絵本展」のチラシを持っていたのを見ていたので、、と。

とにかく1分でも早く着きたかったので、タクシーに便乗してくれる人が偶然にも現れて、こっちも心強かった~~。

14時10分近くに到着し、会場に着くと、まだ講演会100人までは少し余裕があったようで入って元永氏の講演を聞く事ができた。

私、この講演を聞くまで元永先生が、何の絵本の作者か名前を聞くだけでは分からなかったんだけど、、あの有名な「もこ もこ もこ」や「もけら もけら」の作者さんと知って驚いた。

「もこ もこ もこ」は0歳児にはバイブルとなってるような本だ。
多分どの保育園にも置いているんじゃないだろうか。

「もけら もけら」は神戸のH保育園を退園する時、クラスのみんながプレゼントしてくれた絵本の中のひとつ。

当時は「何この本?」と首をかしげるような印象だったが、今日先生のお話を聞いて、深く理解できて、私の中での絵本ランキングでぐっと上位に上がってきた。


元永氏はなんと82才!でも元気で楽しそうにダジャレを交えながら話す姿はいつまでも中身は少年のよう?


先生の講演で、印象深かった言葉を書き残しておくことにする。

★「頑張りましょう」と言う言葉は嫌い~個展を210回ほど開いたが楽しみながらやってきた~・・好きなことを続けてきたらこうなっていた

★「辛い時も可能性を信じて」

★「一寸先は光」

★「自分流」と言う事は「自分を大事にする」事。

などとさすがと含蓄深い言葉がたくさんあった。

2006.7.23 元永定正氏と姫路で(縮小版)講演では、氏の過去の作品をスライドで見る事ができ、とても印象深かった。

講演後、有名な先生だからサインや写真を求める人がいて、私もお願いしてパシャリ。携帯で撮ってもらったんですが、、。


姫路市立美術館は北海道大学のような印象を受けるきれいな建物でした。

「こどものとも」の作品展示は、期待してたほど多くはなかった、、けど、「ぐりとぐら」のパネルがあって、子供が一緒に写真に写れるスペースとかあって、ほのぼのした感じでした。

姫路市立美術館でも対象は5歳~小学生以上向きかなぁ。

のんちゃんと一緒にも来たいけど、そんなじっと見てはくれないかも、、。

これからもこういう絵本展や、絵画展はできるだけ参加したいな。
市居みか先生の絵1市居みか先生の絵2

昨日の忙しい休日の余波が強く今日は寝坊。頭が上がらなかった、ってのが正しい。
保育園は祝日なので休みだからジィジが朝家までのんこを迎えに来てくれた。ありがたや~。

職場に着いてもエンジンがかからず、今患者数が空いてるのを幸いに空いてる個室で30分くらい横になっちゃったりして(爆)これだから病棟勤務はいいわ~ん。外来なんかじゃこうはいかないもんねーだ。

先週はすごく忙しかったけど、やっと空いた時期に入ったみたいで定時で退散ー!

昨日も行ったんだけど芦屋川のアトリエで、今日から始まる「Thus I am I」 を見に猛ダッシュ!

案内状には4時半から開始って書いてたけど間に合うかな・・と不安なまま途中乗り慣れない各停列車でついうっかり乗り過ごしちゃったりして、雨の中到着したのは18時。

ライブペインティングはまだやっている途中で、30分くらい見れた。

今日そんなにしてまでここに駆け付けたのは、絵本塾で一度講師として来て下さった市居みか先生に会いたかったから。

先生の前の授業の時、個性を大事にしていいんだよって言ってくれてるような印象があって、とても心地よく、先生みたいな人が小学校の先生だったらすごくいいのにな~と思ったりした。

そんなふうに、素敵な先生達に出会えると、ただ絵だけを見るのではなく、その人が何を思ってその絵を描いていたのか知りたくなってくる。

市居先生は滋賀にお住まいなので滅多に会える人じゃないんだ~と思ってたんだけど、この日先生が描いた「あさがおひめをさがせ!」を買って、先生にサインしてもらっちゃって、少しお話も出来たし大満足だった。

市居先生の絵は色紙を貼って作った絵が多くて、額は味のある枝みたいな生木で、先生に尋ねると額は別に作ってくれる知り合いの作品らしい。

先生の絵にはピッタリの額だった。

久本直子さんのインコの絵久本直子さんのインコの絵がピンク色メインですっごく可愛かった&のんちゃんインコ大好きだから喜びそうで・・

すごく迷ったけど現金の手持ちもなかったのでその日はひとまずあきらめた。でも後で買えなくて後悔した事って一杯あるもんなー。。

かなり気になってるけど絵をポンポン買うのって勇気いるしキツイよな~。

うーん、でも。。

とお悩み中。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。