のんもも日記

日記の表記がかなり下にある事がありますのでご注意下さい。。モバイル用は;http://nonmomo.blog9.fc2.com/?m です(^-^)/

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--

2005.9.8 職場カウンターハロウィン仕様


職場で、詰め所カウンターがハロウィン仕様になって、ピカピカしててかわいいのでちょっと写真を撮ってみた。携帯からの画像なんでちょい粗いんだけど。。

職場のかわいがってもらっている先輩と仕事帰り一緒にウィンドーショッピングする。看護師の性格は「欲しい物は我慢せずスパッと買う」って人が多分9割。。くらいな感じ。仕事でストレスが多い分買い物で発散させる人は多い。だから、普通の人が引くちょっと高い買い物でも「欲しいんやったらええんちゃう?」と即答してくれる人が多いのは気楽だ。


それはそうと、バァバが国勢調査員に抜擢されていた事が判明した。
ウソ、近所の民生委員している御婦人にウッカリ頼まれ、そんな大変なものとは知らず引き受けてしまっていた大たわけ者であり、説明会場に行って事の大変さに気が付き青ざめてたうちの一人である。(相変わらず大笑いだ)

そして実家では、これまでに見たことがない、真剣に国勢調査員の説明書にかじりつくバァバのまじめな姿。。
私が子供時分にあれくらい真剣に母が勉強していたら子供としても勉強にやる気も湧いてこようものを、とつい思ってしまった。

ま、それは余談として、バァバがそのような労働に駆り出されるのは、日頃のんちゃんの保育園お迎えだのを頼んでいる私にとってはイタい・・・ (>_<)

大体もっと暇な人は近所にいるものを、なぜバァバなんかに国勢調査を委ねるかね?

しかし、察するにバァバが平常時間の抜けた顔をしていて忙しそうに見えないのが敗因だろうと、つい関西人にありがちな「一人突っ込み&回答」をしてしまう。。。

いやはや、しかし貴重な労働力が取られるのはイタイ。

スポンサーサイト

今日はお休み。物置部屋となっている部屋の整理に、とうとう重すぎる腰を上げて着手した。

たまりにたまった段ボールを明日の月一回の段ボールゴミ回収に出す為カッターでザクザク切り分け。これだけで一時間くらいかかったような。。。

3時から近くの開業産婦人科病院見学に。
保育園で役員をしていると、保育園の先生から情報が回ってくる事も多い。
私が、主任保育士さんに「のんちゃんがさみしいって思った時に、歩いて母親が仕事している姿が見に来れるような所で働くのが本来の理想なんです。親の働く背中を見せて育てたいんです。小学校とかに入ったら、私が働いてる側で宿題とかしていれるような雰囲気の所で働きたいんです」と言っていると、ここ1年くらい前でオープンした開業産婦人科に、うちの保育園に通っている子供の母親が看護師として勤務していると教えてもらえたのでコンタクトを取り、すぐ見学へと話が進んだ。

開業した先生は、私の出身大学病院の産婦人科助教授をしていた切れ者の先生。
だが、いくら大学病院で助教授まで進もうと、開業で経営が順調に波に乗っていくのは違うと私は思っている。

大学病院などで勤務の場合、自分の好きな学問分野に偏っていればいいかと思うが、開業した場合、患者サービスへのセンスなどが問われてくるから、偉い先生が儲かるとは限らないからだ。それより出産年齢対象者の細々とした好みをつかんだ病院にできる事が大事なのだ。

見学しに行ったが、まだ開業して1年なので、あちこちが不備だらけに見え、かつあまりにも看護スタッフの勤務人数も少ない勤務体制は不安が募る。もちろん患者数が少ないから、スタッフ数も少ないのだろうが、分娩件数も多く、スタッフ数も多い病院で働いてくると、個人病院はなんとも心細く思えてくる。

結論として、辞めて個人病院に変わるのはいつでもできるので、もう少し今の病院に残って勉強を続けようと思うことに。
今の病院は仕事が終わるのは遅かったりはするんだけど。。。
出来るスタッフも多く、日々勉強できる、教えてもらえる先輩や先生がいるのはやっぱり貴重な財産、と改めて思った。
2005.9.6 ハイジ大.JPG

夜勤明けに高架下をプラプラ歩いていると、ついかわいい布に偶然目が留まり、で、布を一万円分衝動買い。 C= C= \(;・_・)/
布に目が留まるなんて久しぶり・どれもすごくかわいい生地~~(*'-'*)
こういうの見るとなんか手作りしたくなっちゃう。
のんちゃんのお洋服とか、何か作ってあげたいなぁ~~。 (←1日じゃ絶対できないからつい敬遠してしまうんだけど、ホントなんか作ってあげたいよ~~)

私の母親世代は、専業主婦層が多く、家でミシンを動かして子供の服を縫ったりとかしていたので、私も裁縫に抵抗はあまりないんだけど、洋裁の本やら、ちょっとした手芸のキットやら、つい買っちゃって、タンスの中にある事に満足しちゃって眠らせてあるもののなんと多い事か。。

ハイジの生地だけ1m当たり1400円したけど、あとはみんな1000円以下のお手頃価格♪テントウムシ柄も、自動車柄も大好き!自動車柄は、両性いけそうな色合い。自動車がアップリケしている布バックにしろ、ズボンにしても、地色は紺とかでいかにも男の子向けなんだよね、でもこんな柄だったら誰でも使えそう♪

ちょっと今日は生地の画像をア~~ップ!

2005.9.6 てんとう虫柄生地.JPG


2005.9.6  車柄生地.JPG


2005.9.6  チェック柄.JPG

ひとまず購入した生地を、玄関の靴箱かけにしてみることに。
ハイジの柄は私が大好きだけど、のんちゃんにとっては知らない柄でなじみがない柄はつまらないかもしれないから、のんちゃんの知ってる「コロちゃん」柄にクロス替え。
それだけでも、なんだか玄関が新しい雰囲気に。

2005.9.6  コロちゃん柄.JPG



 すっかり1ヵ月以上ご無沙汰してしまいました。

9月1日の日記で、「永らく留守に・・」と復帰の挨拶日記書いていたのに。
書いた直後に更に1ヵ月以上の休止。
あっ、「永らく」って、正解の漢字はもしかして「長らく?」だったっけ?
こんな漢字をつい充ててしまっていたのがいけなかったのか?

日記が1ヵ月も更新されていないのってあまりなかったから、友達から携帯へ心配メールが来るわ来るわ。。。返事を返すのも一苦労。
「生きてるよん。元気よ。でも保育園役員仕事に追われてるの。」
返事メールはまさにそのまんま。

携帯のネタ帳は満杯だけど、ひとつひとつ丁寧に書いてたらキリがないので、一日の日記にかける所要時間10分を目指し、文章メチャクチャでもアップしていきたいなと思う今日は、実は10月19日だったりする。
11月3日の保育園バザーに向けて激忙しの日々。鼻血出そーー!

と、いうわけでコメント頂いてる皆様、いつも嬉しく感謝しているのですが、お返事がなかなか丁寧に書くのが難しい事をお察しの上。。でも、頂けると嬉しいです!(←ワガママ!?)

2005.9.4 クラス会 まんまる綿菓子.JPGこの日園庭で「綿菓子作り」と「ヨーヨー釣り」をやろうと予定していたので、クラス役員の私達3人はクラス会開始の45分前に到着して、綿菓子の機械を出し、プールをふくらませて水を張り、ヨーヨーを作成。ヨーヨーって初めて作った。。。なんでも役員すると色々体験できるなぁ。

準備ができたところでクラスのみんなが続々と来園。
私が「○もちゃ王国」でちょっくらおみやげにいただいてきた「お名前シール」を出席を取るついでに渡して、シールにフルネームを書いてもらって服に貼ってもらって、名前が分かるようにして、みんな揃ったところでお菓子を配って子供達をお菓子に惹きつけさせて?静かにしてもらってる間にまず一番にバザーの説明をして、うちのクラスのバザーで担当している「綿菓子作り」と「おにぎり・ジュースの販売」について説明し、それから綿菓子チームとヨーヨー釣りチームの2班に別れて、園庭へ移動。

綿菓子作りは最初は要領がつかめず、細長い形になっちゃったけど、2回目からはなかなか丸い形に仕上がり、ひそかに自称「綿菓子職人」と言えるほどのスジの良さ!と思ってたんだけど・綿菓子作り楽しかったー!

しかしのんちゃんが「抱っこ抱っこ」状態で汗まみれになった。。。

天気が雨を心配していたが午前中はもって助かった~
今日のクラス会 大人 31名+子供29名というすごい参加人数だった!
みんな楽しんでくれたし心配していたクラス会はなかなか盛況のうちに幕を閉じた。


明日保育園のクラス会を午前中開催するので、午前中クラス役員の私とUさんでクラス会の必要物を買い出しに行く。
お互いの娘も持参で、Uさんの車に乗せてもらって移動。
車の前席に大人二人が乗り、後ろ席に子供二人がちょこんとジュニアシートにおさまって出発。のんちゃん初めてジュニアシートに乗ったけど、そろそろジュニアシートに移行もしていく時期なんだわぁと実感。

お菓子やジュースをダイエーとジャパンやら回って明日参加予定の子供31人分買い、その後Uさん宅で31人分に分けて袋詰め。お菓子袋の内容は、ミニゼリーや、クッキー、おかき、えびせんべいなどなど。Uさんのパパさんと第一子(小学1年生)にも手伝ってもらって、午前は終了し、家に帰った。

画像はないので昨日の垂水アウトレットバザールのを追加。

2005.9.2 明石海峡大橋をバックに.JPG

2005.9.2 お船の前で二人で.JPG

マタニティースイミング友達Mさんと、そのぼっちゃま・たくとくん(のんちゃんより1週間後に生まれたボーイフレンドです)と4人で、前々から予約していたボリジョイサーカス垂水アウトレットに行く。

サーカスは15時からの予定だったので、午前中垂水アウトレットバザールに車で移動。
しかしアウトレットの中をお買い物で探索したいママ二人だったが、そんな優雅な時間はわずかしかなく、子供達の喜ぶ外遊びが中心になり、暑い中子供を追いかけてヘトヘトになる・・さもありなん。。

「さかなのがっこう」という、小さな施設があり、そこに入るとザリガニがたくさん入ってる縁日風の水槽があって、のん初めてザリガニを見る。

2005.9.2 初めてのザリガニ.JPG


外に出て、ハトの餌やりに夢中な二人。

2006.9.2 はとさんパクッ!.JPG2005.9.2 はとさん追いかけてるの.JPG


外で二人の小猿をたっぷり遊ばせた後、強制的に?ベビーカーへと捕獲し、アウトレットへ行って、母達二人、アウトレットを物色。
Mさんはたくとくんの服を買っていたけど、私は何も買わず。

ランチは中華の「CHINA KITCHEN 香港小厨」でバイキングを楽しんだけど、いろんなものがあり、結構おいしくてイケました。
私もMさんも垂水アウトレットに来るのは何年ぶり?って感じだったけど、レストランに関しては前よりおいしくなってるんじゃないかと思いました。

それから神戸総合運動公園に移動。移動中お子様二人は(_ _).。oOzzz...
しかし駐車場についてから、暑い中のんを抱っこして移動はホント疲れた。重い!重いんだよぉ~~!たくとくんはヒョイヒョイ歩いているのに、これが男の子と女の子の違いかぁ!?

サーカスは熊がワッカの中に入ってグルグル回ったり、犬や猫が芸をしたり、きれいな妖精のような女の人が空中ブランコで軟体生物のようなしなやかさで演技したり、小さい子供が逆さま状態で空中に大人の腕一本で支えられている超バランス演技や、団体での空中ブランコ演技、馬に乗ってのスピードあふれる演技や、箱の中に女の人を閉じ込めて剣を突き刺したり、炎が出たりするマジックなどなど色々あり、、だったが、メリハリをつけるためか、暗くちょっと怖い雰囲気でマジックが始まった時、二人は「おうちに帰る!」と半べそ状態だったのが、笑えた。やはり2歳児。。って感じで。

他、劇場内で売ってるパンフレットとか、ポラロイド撮影なんか、なんでも1000円。
500円にしろよぉ。。と思ってたけど、帰る前に、熊と一緒に記念撮影。
せっかくMさん&たくとくんと一緒に来た記念だしね。

2005.9.2 ボリジョイサーカス 熊さんと一緒に.JPG


こうして、のんちゃんは2歳にして初サーカス観劇体験をデビューしたのでした。


8月くらいから「シングアロング」より一歩進み、「メインプログラム」のビデオを見せたり絵本を読んで見せている。

9月にはサーカス観劇を予定しているので、シングアロングでもサーカスに関連した歌、メインプログラムもサーカスネタのを見せている。
いわゆるCD、本共に黄緑色系党のものですな。

ここまで来て、DWEの全シリーズが連動してて、分かりやすい事がよく実感できた。

CDもビデオも絵本も基本4色に区分されてるので関連性が一目瞭然だ。

DWEは小さいうちにシングアロングだけお試し的に買ってそれっきりと言う人も多いようだがそれだと英語上達にはあまり意味がないように思う。

大人でもDWEの「シングアロング」CDを聞いてから対応する「メインプログラム」絵本を読んで「あぁ、あの歌はこういう英語のスペルの発音だったんだー」と気が付いたりする。

耳慣れとビデオと絵本で関連付けだ。

シングアロングだけの購入ならDWEほど高いものを買わずとももっと安い英語のCD&ビデオ&絵本のセットってありそう。

ただし電化製品で王者の風格ありのSONYが、プラズマテレビ部門では振るわないのと同じように、どこにでも難はあるもので、DWEのビデオに関しては一巻辺りが30分以上あって、長すぎて、切りが大変よろしくない。

子供がビデオに集中していられるのは20分が限界。

ビデオの構成はしまじろうとかの方がより子供各学年に合っているかもしれない。

まぁDWEのビデオは「もうちょっと大きくなってからも楽しめる内容」と考えた方がいいのかもしれないが。。。

なんか「しまじろう」のビデオに比べるとダラダラした構成になってて集中力を欠く内容になってるので、DWEはもうちょっとビデオ(みんなはDVDかしらん)を改善して欲しいと思う。

しかし「トークアロング」は最近おさぼりがち。
いかん~宝の持ちぐされになってしまう ┐('~`;)┌
毎日ちょっとずつでいいからやらなくては・・(∋_∈)

でも、トークアロングは、今の年齢じゃ子供の注意を引きにくいんだよね~~
親がカードを通して、音を聞いてるのも、子供が完全に受身の姿勢だから、退屈しちゃって。
「トークアロング」はもうちょっと大きくなってから始めた方がいいのかもしれない。

「家庭保育園」の「ドッツカード」は馴染みがあるからかわりとじぃっと見てくれる。
(もちろんそんなに長いこと見てくれるわけではないけど)

のんちゃんが0歳の頃に見せて読んであげてた絵本を、嬉しそうによく持ってきている姿は、何回も何回も読んであげていたから?

英語教育、ものすごく熱心にやってる事はないんだけど、子供にとって英語が親しみやすい科目になるように、英語の音楽を聞かせたり、ミニーちゃんのキャラクターを尊重したり。あ、のん、ディズニーランドに行ったらめちゃくちゃ喜ぶだろういなぁ。

でも私には子連れでディズニーランドに行く気力はない。
抱っこが完璧に取れる4~5才じゃないと連れていけそうにない。

それまでDWEでミニーちゃんの教育(=刷り込み~~♪)をしておかなくっちゃ!



「のんか、おねぇちゃんになったの~~!」と何回か言ってるのを聞いた。

きっと保育園で流行っているんだろうな~ (^_^;)

のんのん ・・・ (-。-;)

おねぇちゃんはね~~~、おねぇちゃんっていうのはね~~、、、


おしっこちゃんとおトイレで出来るように

なったらおねぇちゃんに格上げなんだよ!



って言いたい母です。。



いつも「のんもも日記」に遊びに来て頂いている皆様、しばらく更新が滞りで、すみませんでした。

保育園の役員仕事で拘束され、なかなか更新できず、携帯のメモ書きのメールはなんと5000文字にもなっていました。

まさに塵も積もれば山になる。。ですな。

ちょこっとずつですが、更新していきたいと思いますのでどうぞお付き合い下さいませね(^o^;)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。