のんもも日記

日記の表記がかなり下にある事がありますのでご注意下さい。。モバイル用は;http://nonmomo.blog9.fc2.com/?m です(^-^)/

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
2.3 のんこのニット.JPG


のんちゃんのセーターの裾のファー毛糸で、後ろ身頃は10段編んだんだけどなんだかとっても重くてもたつく感じ。
いっその事3段くらいで軽い方がいいかも?と思って前身頃はファーを3段にして閉じてみる。

うん、やっぱ3段くらいがいい感じ。
10段にもすると重過ぎるし派手すぎる。
うちの子は地味顔だからこの黄金色が分厚く編んでるスタイルは似合うまい。
とすると首周りとかもファー毛糸はちょっとだけでいいようになるのね。
セール毛糸だったとはいえ、2玉も買う必要なかったなぁ。
セール毛糸は、買い足しが利かないからつい余分に買っちゃうのよね。

あーー、しかし10段編んだファー毛糸ほどくの、大変そう。

ファー毛糸は目がすごく見にくいってのが最大の難点だわ。
だから何年も流行らない糸なのかしら??

アクセントに使うのならかわいいけどね。


スポンサーサイト

今日からユニオンさんで半期に一度の毛糸ビッグバーゲンが2週間くらいに渡り開催される。
が、仕事ではリーダーであり、ユニオンさん前に着いたのはちょうど閉店の19時。で、中は見る事が出来ず。。はぁ、残念。
2006.1.30 イチゴとマロン .JPG


ももの息子犬・ちょこちゃんのおうちのミルクママさんより巨大なイチゴ~普通サイズの2倍か3倍ある感じ~が届く!

早速S家に持参 マロちゃんと写す、、、

ももはイチゴは初めてで最初はクンクン匂いをかいでからペロッと舐めて、おそるおそる?ちょっとずつかじり出した。

実はもも&ケンにイチゴをあげた事はなかった。

バナナとかの果物そのままはほとんど食べようとしていなかったので、ワンコに果物はあまりうけないのかなぁと思っていた。

が、みるくママさんから「うちの子達は好きでよく食べますよ」と聞いたのでもも&ケンに勧めてみた。

★ 結果 ★
食いしん坊のももはイチゴの味に開眼。シャリシャリウハウハで食べる。

ケン・・においをかいでちょっとなめるだけ。

おまけ?のん・・勧めても食べず。イチゴは食べるものと思えていないのか??(今までもイチゴを食べようとしなかった。記録更新・・)

静岡の産地から届いたイチゴはとても甘くて、春を想像させる、心が暖まる贈り物でした。

ミルクママさん、お気遣いありがとうございました!!とっても嬉しかった&おいしかったで~~す!

1.29  はねーるのくりひろいだよ!.JPG

今日はとってもいい天気!なんか春みたい!
午前中家の中の掃除をして、せっかくののんこと一緒の日曜日、尼崎の交通公園へもも&ケンと近所のお友達・いっちゃん&あすまくん&せっちゃんとうちの車でお出かけだ~~♪ε=ε=┏(^-^)┛

交通公園に来たのは、私が小学生の時以来か。。
車があると、どんな所でも気軽に行けるのがやっぱりいい!(*'-'*)

1.29 滑り台楽しいな~~.JPG


ここは水辺があり夏に来るといい雰囲気。
職場で、職員用のパンがあまるので、もらっておいて、ハトに餌やり・・と思っていたら撒き散らしたパン目がけてももケンがダッシュ&がっついていた・・┐('~`;)┌

のんはハトを抱っこしたいみたいだったけど当然逃げられてるのみ。

1.29 はとさんおいで!.JPG


ふと気がつくとカラスにも餌をあげようとしてて、こっちはギョッ(゜o゜;)
(カラスにつつかれたらどうしよう。。と焦ったけど、カラスも迷惑そうに飛び立ってくれててホッ)

「はねーるのくりひろいだねぇ!」 とのんちゃんが上を指差し、大声で言うので、上を見ると、木にいっぱい丸いイガイガが鈴なりになってて、のんちゃんは丸いイガイガを触ってた。

1.29 栗の木?.JPG


「はねーるのくりひろい」は以前図書館で借りてあげた絵本で、うさぎの兄弟が栗拾いに行く内容だった。

私には目に留まらない風景が、のんちゃんには見えるんだなぁと実感。


交通公園から帰ると、Y家でさやちゃん達がお庭でティータイムをしてて、手を振ってくれているのが見えたので昨日の今日で、お邪魔。
はるちゃんが焼いてくれたチョコレートクッキーをおよばれ~~(*'-'*)

もも&ケン&マロンもお庭で楽しそうでした。U^ェ^U ♪

2006.1.28 もも&マロン.JPG

Y家へスキャナーを借りる目的で遊びに行かせてもらう。
のんちゃんが実家で8時くらいに寝付いてしまったという珍しい日で、それならと、ももを連れてY家へ。

Y家のともちゃんはかなりのニッターで、編み物話に花が咲く。

Y家は震災時全壊してしまった辛い経験があるのだが、その時瓦礫の中から持ち出したまだ土が混ざっているちょっとしぶい桜色の毛糸を見せてもらった。
とってもきれいな糸。。ともちゃんにとっては思い出の糸。。
しかしともちゃんが毛糸を保存している時ちゃんと虫除けのタンスにゴンみたいな薬を入れて保存していると聞いてなるほど~~と唸る。

ももとマロンの写真。
相変わらずマロンにあまりつれないももだが、今日はお客様なのでそれなりに大人しくしていた(=マロンをいじめなかった)。

実家にももを連れて帰るとケンがやはり落ち着いてなかった様子。
ももだけ連れていくとケンはなんだか落ち着かないのだ。。。

巷では「ニットカフェ」なるものが出現しているそうな。いい傾向だ。
が、男の人が編みもの。。は、う~~~~ん。なんか、自分の中でも賛否両論。
ごつい男の人が棒針持ってる姿はあまり想像したくない。でも広瀬先生みたいに優雅な人ならOK(←なんじゃそりゃーー、と自分でも思う)。それに男女の区別なく編みものの楽しさを共感できるのならいいなぁと思ったりも。

ま、近年の暖冬で編みもの・毛糸コーナーは縮小してて寂しいと思ってたけど、編みものってすごく楽しいし、自分的にはリラックスした時間が生まれるので、他の人ともこの楽しさを共有できればなぁと思います。


さてさて、今日の私の編みもの熱は、「毛糸だま」ってニッター達には周知の編みもの雑誌の2005年冬号をゲットする事が一番の目標でした。

「毛糸だま」は1200円するし、結構重いし大きい雑誌なので、購入は敬遠していたんだけど、中にとてもかわいい作品が載っており、やっぱり後にも先にも珠玉の名作と思える一品だったので。。もう次の春号が出だして一般のお店から冬号が消えだした状態から、購入を決意。

が、行く先々の本屋さんでは欠品を言い渡され、たどり着いたのはなんといつもの行きつけの毛糸屋さんである阪急三宮高架下の 「ユニオン」さんで「毛糸だま」の冬号が手に入る。うーーん、まさに灯台もと暗し。でも手に入って良かったー!

ちなみに私が「毛糸だま」でノックアウトされたニットはこれです!

母子ニット 桃紫段染め裾ピラピラニット.JPG薄ピンクプルオーバー写真 (3).JPG


毛糸玉 母子ニット 桃紫段染め裾ピラピラニット.JPG


さらに「世界の編物」って雑誌でも

世界の編み物 生成り襟袖フリピラニット (2).JPG世界の編み物  3色使いベスト写真 (2).JPG


こんなかわいいニットの掲載があり、これも1600円する分厚い雑誌なんだけど購入。。

あ~~かわいい。
編んで着たいなぁ~~ってすごく思っちゃう。

しかしこのセレクト、PH系お洋服の好きな人が典型的に選びそうなニットかも。。と自覚。


ただ、ユニオンさんには残念ながらこれらの作品の糸であるリッチモアやオリンパスの糸の取り扱いはないんだよね~~。

ネットのユザワヤでこれらの糸がちょっと安く販売されてる事を知ったんだけど、もっと安く手には入らないかなぁ~~。

とっと、目移りしまくりだけど、のんちゃんのセーター、なんとかせめて2月上旬には仕上げたいなぁ。

今前身ごろの、首近くまで来た~~。


夜勤前の貴重な時間を保育園役員仕事に費やす事になる。おかげで、夜勤前に眠れたのはほんの30分くらい。。ああ、2時間は本当は寝たい。

夜勤に向かう途中、空気がほんのり暖かく、春の気配を感じた。

どうなんだろう??これから暖かくなるのかな??

暖かくなるのは嬉しいけど、のんこの編みかけのセーター、早く仕上げなきゃ~~!


今日は勤務後業務改善委員会があるから遅くなるのは必至、と覚悟していたんだけど、委員長の先生と、外来看護師の都合が悪く、委員会は早々に解散。

本来委員会で討論するはずだった課題は病院のセキュリティー強化について。
仙台の新生児連れ去りなどの事件から病院のセキュリティー対策が課題になっている。
うちの病院のセキュリティー、、、かなり改善しなくちゃいけない所多し。

最近不審者による物騒な事件が相次いでいる。

うちの保育園も、園の扉に電動式の鍵がついた。

事件が起こってからじゃ遅いから予防・対策が大事だ。
でも、どうするのが一番いいんだろう。。

もしこのブログを見て下さってる方で、参考になるHP等ご存知でしたら書き込みのご協力をお願いします。

2006.1.25 K先生と.JPG


休日に車で神戸へ行くって実はあまりない。
んで、帰り途中だったのでのんちゃんが1歳3ヶ月から約2ヵ月半お世話になったH保育園に寄ってみる。

ここは、初めて入園した認可保育園で、先生は皆熱心で優しく、園内の至るところに工夫がこらされていて本当に大好きだった保育園。

ずっとずっとここでお世話になりたかったくらい。

のんちゃんに「H保育園覚えてる?前のんちゃんここに来てたよね」と聞くと「覚えてる」と返事するのんちゃん。
退園して1年半も過ぎてしまったけど。。


園に着くと、フリーで全学年を見てくれていたF先生が「わー、のんちゃん!久しぶりだね!」と出迎えの第一声。たった2ヵ月半しか在園していなかったのにこんなふうに声をかけてもらえるなんて本当に嬉しい~~。

中に入ると一番に目に飛び込んできたのが、のんちゃんのクラス担任取りまとめ役だったO先生が!

「おぉ~~のんちゃん!」と笑顔で再開。

元気&しっかり者のO先生は、のんちゃんの1歳児クラスを受け持った後はいきなり最高学年の6歳児クラスの担任で現在奮闘していらっしゃる様子。

又、お裁縫が得意でのんちゃんが退園の際三角巾とエプロンを手作りしてくれたM先生は0歳児受け持ちになってて、ご挨拶。

靴を脱いで上がると、のんちゃん1歳児クラスの教室へとルンルンで歩いていく。
やっぱり、H保育園にいた事、ちゃんと覚えているみたい。

でもその教室にはのんちゃんの一つ下の学年の子がいて、知らない先生とお友達にさすがののんちゃんもけげんそうな顔。

のんちゃんのクラスメートは2歳児クラスに進級して2階の教室へ移動していた。

そして、1歳児クラスから2歳児クラスへ持ち上がりで担任してくれている二人のK先生(二人ともイニシャルがKでした。。)にご挨拶。

いつも仏様のように穏やかなK先生が「私ちょうどこないだのんちゃんどうしてるのかなぁってお母さんのHP見てたところだったんですよ~」と言って下さる。
ひぇ~~、恥ずかしい。(@_@;) 最近人に読まれていることをあまり意識していなかったもんで。。(^_^;)

クラスのお友達はそれぞれみんな大きくなっててビックリ。1歳児の時なんか髪もぽわぽわで赤ちゃんくさかった子も多かったから、正直どの子だったかよく分からなくなってるくらいの子も。

しかしのんちゃん、めっちゃマイペースで教室内のうさぎのぬいぐるみを持ち、ルンルンで歩き回ってる。全然違和感ないんですけど。。。このまま置いて帰っても全然大丈夫そう。

そうそう、一つ驚いたのは2歳児クラスの教室で、6歳児二人が「お世話役」として派遣されて先生のお手伝いをしていた事。
こういう発想もきっと先生同士が考えて、取り組んでの事だと思う。すごいなぁ~。

先生達も相変わらず優しそうで元気そうで、ここの保育園はいつも陽だまりのように暖かい風が吹いている感じなのだ。

先生同士も協力しあって、仲がいい感じなのが分かるし、いつも本当に心からの笑顔がこぼれている感じだ。

子供や親への支援を惜しまず、本当に一生懸命で、楽しい時は一緒にたくさん笑って、辛い時は一緒に泣いて。。

トップで指揮するおおらかで明るい園長先生の人柄で、この園は本当に明るいオーラがただよっていると思う。

2006.1.25 O先生と.JPG


↑O先生と。
退園する時ジィジが勝手に切った戦争孤児のようなとんでもない髪型で一躍保育園イチの有名人になってたのんちゃん。「ワカメちゃん」と呼ばれていたが、多分そのイメージは一生消えなさそうで、O先生「(あの髪型は)教祖やったからね!!」と。タハハ。

う==ん、K先生もO先生もとってもチャーミングなのにぼかし入れるとちょい怖い写真だ。先生方、ちゃんとした写真は送りますからね~~!


1.25 エアトラック大喜び!.JPG

うちの病院で出産して頂いて、お友達になった方と一緒に新神戸オリエンタルホテルのボーネルンド・あそびのせかいへ行ってきました。

前々から一回行ってみたかったので初入場にワクワク!!

のんちゃんが喜んだのは「ボールプール」と「エアトラック」

「ブロックモジュール」にも張り付いていましたね。スイスイと飛び乗って。。って感じではなかったですが。

2006.1.25 ブロックモジュールに張り付くのんちゃん.JPG


私は「サイバーホイール」を一緒に楽しみたかったんだけどのんちゃんは怖がって拒否。

これで遊べるのは4歳以上って感じもする。。

でもめっちゃ面白そうなんだけど!!!

2時間くらいいたかな。料金は2千円足らず。

ランチは「豆の畑」って和食料理のバイキングが、「あそびのもり」に隣接していて、「あそびのもり」で遊んでいた親子の7割くらいはそのままここへ流れていた感じ。
料金も1500円ほどで、デザートもバイキングであったし、気楽なお店でまぁまぁ良かったです。
2006.1.16 初めてのニットソーイングクラブ.JPG

最近の私はちょっとハンドメイドづいている?
今日は、「佐藤貴美枝ニットソーイングクラブ」の「体験教室」に初めて行って来て、そして入会してきちゃいました。。

きっかけは「リビング阪神」って地方紙に載っていた広告。

「夢の洋裁教室で『わずか60分で私にも縫えました!』」ってフレコミ記事。

説明は「まるで初めての人でもTシャツやブラウス、ジャケットからコートまで、60分以内で作れる夢のような洋裁教室~~(中略)~~ミシンや糸、ハサミなどは用意されているので手ぶらでOKです」

おぉ、、、そんなに簡単に縫えるの?ホント?しかも手ぶらってすごくありがたい!

って事で、仕事が休みの午前中、9時半に起きてきた(しかも前日は0時就寝・・(-_-;) のんこを保育園にブチ込み、教室には10分近く送れて入場。

「午前、午後各5人受付」と書かれていたけど、今日の体験者は私のみ。
他に、今までずっと通っている年輩の生徒さんが後から次々と3人やってきた。

体験は、ロックミシンを使ってトレーナーみたいなものを作った。

ロックミシンは、子供の頃同居していた叔母がパタンナーだった為、その存在は知っていたが触るのは初めて。
糸でかがりながら、生地が切れていくものだと初めて知った。

何回か試し縫いをしてから本番。

首周りや裾や手首に使うリブニットと、本体の生地を洗濯バサミで止めて縫うとか、驚きの小技だ。

アイロンと、特殊なアイロン台(蒸気と熱とをモーターで吸い取ってくれる)も初経験。仕上がった作品にアイロンをかけていると、ほつれなどの発見にもなる。
このアイロンかけで私の手の押さえが足りず、引きつれてしまっていた部分があって、先生が発見し、修正してくれた。

こんなちょっとした事でも、家で一人でやるのだったら、絶対60分でなんかできっこない。いいとこ3時間かかっているだろう。

先生の親切丁寧な指導の下、初めての作品が本当に1時間ほどで完成。

初めての作品はトレーナー。
最初は手首から脇、裾までカーブを2回縫い、リブニットを縫って、本体にくっつる作業で完成。

裁断された生地は既に用意されていたので、選ぶ余地もなく、ちょっと地味な年輩者向けなデザインだけど記念すべき第一号だ。

ここに出向いたのはのんこの保育園用洋服をジャンジャン縫いたいのが動機だった。

以前神戸に住んでいた時、ママ友達でワールドでパタンナーをしていた子がいて、「お裁縫の会」と銘打って、のんこのズボンを一回だけ縫った事があるのだが、全く基本のなってない私は、彼女の指導のまま言われた箇所をほぼ直線縫いするのみで、めんどくさいゴム入れなど全てお任せだった。

それでも子供にまみれて3時間ほどかかっていたような。。

ちょっと見るとボビンを口の中に入れている子供もおり、おおわらわだった。


入会すると月~土曜日のうちで、月に4回半日通うようになるが、曜日など選べるので不定休の私には向いている。のんこも保育園で預かってもらえるし言うことない。これで、5月に保育園役員仕事を引継ぎして卒業したら、今まで役員仕事していた時間をこのソーイングの時間に当てられるだろう。

創始者の佐藤貴美枝さんの記事にも「手作りをしたい時が人生に3回あるのだと聞きます。1回目は好きな男性が出来た時・・2回目は可愛い自分の子供が出来た時・・あと1回は子供も育て上げて人生にホッとし、孫が出来た時」とある。

うんうん、なるほど。共感。
ちょうど人生2回目の時にまさに当たったのね。

しかし、大人ものは大きいから作りやすいけど、子供の細かい部分は難しそうだなぁと実感。その代わり小さいからすぐ出来るけど。。

入会したと言っても初期費用はすっごく安い。

今日の体験のお値段は材料費名目で1000円。

他に今日支払ったお金は
入会金5千円。
月謝は5千円でひと月に午前中の2時間受講の4回分。(午後の自由時間も参加可)
教材費として1500円。その中には佐藤貴美枝さんの本(雄鶏社からの出版で840円)と、他に年間のコース案内やら、パンフレットやらついている。

入会して初める「Aコース」の作品の生地は指定されたもので色柄はやはり選べられないのだが、「いろんな生地を効率よく体験していく為」だそうで、これはいたしかたない。


今までも、他の洋裁教室の案内は見てきたけど最初に入学金としてウン十万支払わなければならなかったりで、ちょっと。。。という感じで気軽に始められなかったんだけど、今回は気軽な感じで始められるのが嬉しい。

一人で家で職人のようにがんばっても、私のことだから、分からない所で詰まってしまって、そこから抜け出すのにすごーく時間がかかってしまうと思うので、基本の技術を学んで、毎年成長していくのんこのズボンやらいっぱい縫ってあげよう。

この教室で扱う生地は、元々メーカーの見本を作っているところから回ってくるらしく、「ニット」と言っても革製品みたいなのもあり、いろんな生地でいっぱいだった。

それに、伸びやすくて、家でダラダラするのに最適なジャージ素材なんかももちろんニット生地だし、着易い生地なのだ。

始めたらジャンジャンやりたい方だが、1月はもう休みがなく、次は2月に。週に1回のペースで続けられるのかちょっと不安もあるが、家で一人で何か作業するより、教室で他の同じ趣味を持つ人と和気藹々とする方が自分に向いているように思う。

2006.1.11 編み物後ろ見ごろ完成.JPG

後ろ身頃が編めました。0歳から着ているロングトレーナーの着具合がいい感じだったので、身幅などはそういう着易いセーターなどのサイズを参考に増し目しています。身頃は、万が一今年仕上がらなくても来年余裕で着れるように丈もかなり長くしました。

編み時間の確保は。。仕事中のお昼休みや、通勤の帰りの電車でも編んでいます。そんな15分くらいでも5段ずつくらい編めていきます。

広瀬先生は3日でセーター一枚編み上げるって書いてたけど。。神業だわぁ。


今日はお休みで心置きなく朝寝坊~~、って言ってもせいぜい10時くらいなもんで、独身時代の昼まで寝れてた朝寝坊とは無縁の生活だなぁ、、、
またもや10時半くらいの重役出勤ならぬ登園、「抱っこ!」と泣いてすがるのだが強引に歩かせて園に行く。いつもは時間がないから自転車ですっとばす距離を5分ほどかけて泣かせながら歩いて行く。

今日は保育園役員で集まり今週土曜日で集まる幹事会の資料作りなのだ。

そんなこんなであんまり休みな気分がしなかったが、役員お友達がレモンケーキを持って来てくれたりで、それなりに楽しかった。

夜中にちょっとしたアクシデントが。。のんこが初めてベットから地面に転落する。<(`^´)>.。o○ でもそんな事もあろうかと?ベットの下に落下対応として(予防ではない、ってのが笑える)パッドやら敷き物をひいていたので、落ちてもちょっと寝ぼけて少し泣いただけで起きずに済んだ。

2006.1.11 お風呂上りでピース♪.JPG


今日の日勤は珍しく落ち着いてて病棟の整理整頓日だった。
定時で終了したので、いつも間に合わなくて両親に頼んでいるのだが、ルンルンで保育園にお迎えに行けた。こういう日もなくっちゃね♪



夜勤の次のお休み日で祝日。

中学時代の友人宅へ遊びに行くと、友人の6歳の甥っ子くんがいて、ソファーの上から飛び降りてくれたりの大サービスぶりにのんちゃん大喜び!(^_^;)

のんこは暴れん坊だからなぁ~~、こういうパフォーマンスには夢中で、自分も真似しようと短い足でソファーによじ登り、降りを繰り返していたのがまたかわいかった(*^-^*)

初対面だというのに、子供はやっぱり子供同士の方がとっても楽しそう!

友人宅では、おばさんが作ってくれたオムレツやら、ビーフンやらをご馳走になり、更に小山ケーキまで頂き、すごいご馳走攻めで大満足~~♪

6日の日記で掲載した「広瀬 光治の手編み小物でドレスアップ!」の本の中の作品の糸を取り扱っている手芸屋さん「クラフトハート」に毛糸やらを見に行きたくて、のんこと友人とお出かけ。クラフトハートで毛糸を見るが本に載っている方がきれいな糸に見えた。って事は作品と、その写真がとてもきれいって事で。。

それからのんこと友人と銭湯に行って浮世の煩悩を流し?さっぱり。

いい休養日になりました~~。

夜勤明けだったんだけど。。
いつも夜勤明けは、激務の反動か、開放感からか、帰り道にフラついてしまう事が多い。
今日は図書館に寄り、編みものの本を読みながら、、気がついたら居眠りしていた。(_ _)zzz...

「毛糸だま」やらのバックナンバーを見るが春夏号くらいしかなかったりする。
それでもステキなデザインがたくさん。。。
昔の編みもの雑誌でも、かわいいデザインは探せば結構あったりする。

今のんちゃんの為に編んでいる編み物の本が広瀬さんの本だった事が発端となり、今私の中ではなぜかニット界の貴公子・広瀬さんがマイブーム。

それというのも、高校時代の友人が最近送ってくれた高橋美千代の育児マンガの中に広瀬さんの編み物講習会へ親子で出かけて「どうせ習うなら美しい男に習いたい!」と作者の目がハートになってたりしてた印象も重なったのと広瀬さんの作品の美しさに目が奪われ、こんなにステキな作品を生み出し、又着こなしてしまう広瀬さんってどんな人だろう?と興味を持ったのがきっかけ、

広瀬さんの著書「羊の気持ち」も読んだ。
若かりし、ありし日の広瀬さんの白黒写真も掲載されてるが全然どこにでもいる普通の青少年だったのに逆に驚いた。
今の方がすっごいインパクトだ。。。

でも広瀬さんでも最初に編んだ作品はとても着れるような大きさではなく、全部ほどいて編み直して3回目にしてやっと着れるものが出来上がった、と書かれてて、高校生の当時から努力家だった事がしのばれる。

「毛糸をくれた羊さんに感謝をしないと」とか書かれている広瀬さんの著書にはとても共感。

広瀬さんの作品は簡単そうに見えてもどこか可愛く女性らしい優しさに溢れているように思う。

編み物も当然ながら編み手のセンスが作品集に表れるものだなぁと思った。

いっぺんにファンになってしまった。

ただし熱しやすく冷めやすいB型の私。なんとかのんちゃんのセーターは熱しているうちに編み上げなくては。。!!!

2006.1.7 消防出初式 ママとのんこ.JPG去年も行った「消防出初式」、今年も行こうとその為に勤務希望出してたのに、ウカッとスコッと忘れてて起きたのは9時すぎ!!

一緒に行こうって言ってたママ友達に急いで電話~~

でも彼女も忘れてて(^_^;) しかも子供は昨日熱出てたとかで行けず状態になってた。
のんこと二人だけではなんかさみしいので、急遽 S嬢を電話で誘いマロンももケンと一緒に行く。 C= C= \(;・_・)/

出初式会場に着いたのは10時45分くらいだったか?

既に放水は終わっててはしご車がビューンと伸びてるとこから消防士さんがスルスルーと降りてきたのをチラッと見れたくらい。

忘れてた自分が悪いんだけど、なんか去年に比べて今年の出初式はあまりにも不完全燃焼~~(T-T)

後で同僚に聞いたら、神戸市の出初式はヘリコプターまで出動するパフォーマンスありで、レベルがかなり格上っぽかったので、来年は神戸市の出初式狙いで行こうと思う。


でもももケンマロンと河原で遊んだりできたのは良かった。
ももにボールを投げたら嬉しそうに走って何回も取りに行っていた。

2006.1.7 もも&ケン&マロン 出初式 ケン変な顔.JPG


その他にも、のんちゃんが持ってたビスケットをハトにあげたらカモメまでたくさん集まってきて、圧巻!!

2006.1.11 のんとももケンと河原で.JPG




休みだったのに間違えて仕事に行ってしまう。

そんなに仕事が好きなのか、って?


それは愚問か冗談か。(ё_ё;)


単に勤務表をカレンダーに写し間違えた結果だ。


ただしこれは初めてじゃない。┐('~`;)┌


育児休暇明けに復帰して丸2年経って、ニ回目である・・(-_-;)

師長さんに「仕事して帰る?」と聞かれたが「冗談言わんで下さい~~」と丁重にお断り?する。

でもなんやかやと業務の事(委員会仕事とか)をしてて帰ったのは昼。

帰り毛糸屋さんに寄る。

ファーの毛糸を更に探す為だったんだけど、店頭にファーの糸は大分残り少なくなっていて探すのが大変。どうやらファーの流行はちょっと終わりかけ?

毛糸の糸もいろんな種類の糸が販売され、そして廃盤になっていくらしい。

2006.1 広瀬先生の本.JPG
広瀬光治先生の本を、又買う。

この人のデザインってちょっと変わってて簡単なようでも可愛い。
編み物の本も、編み手のセンスとかって出てくるものだな~~と思う。

今までの編み物の本はやたらきっちりと縄編みとかビッシリ入ってたイメージだが、広瀬先生の作品はなんだか華やかで、女性らしい。

広瀬先生の著書によると、大体一作品を3日で編むだとか。すごい。。。

でも編み物って楽しいから、廃れないでほしい。
今は小さな子供でもできる「指編み」とかの本もあるけど、いや、それも「毛糸を編む」ってとっかかりにはいいかもしれないけど、子供には編み物を教えてあげたいなぁ。

(しかし親子と言っても大分に父親の血が強く出ている我が娘は、私の大得意とする絵もあまりな反応だし、、、どうなるのだか。)

私が編んでて、「何してるの~?」とおどけて聞いてくるが、「のんちゃんの服を編んでるの」と答えると、「ふ~~ん?」と。多分よく分かってない様子。

ただ、今図書館で借りている絵本で「ねずみくんのチョッキ」シリーズで「ねずみくんのたんじょうび」ってのを借りている。その冒頭で、ねみちゃんがねずみくんのためにチョッキを編んでいる様子がある。編み物の絵本はほかに「セーターになりたかった毛糸玉」って絵本を持ってて(これはまだだいぶ大きくならないと理解できない絵本だろうが、絵が暖かい感じでいっぺんに気に入ってしまった)そんな絵本の力も上手に借りながら、編み物の楽しさを伝えていきたいな。。



★ 日頃「抱っこ!」と泣いてねだり、なかなか歩こうとしないのんこ。それを私が「歩きなさい!!」と振り払いながら歩かせている現状・・・。
 すると、ある日、のんこがシルバニアでお人形遊びをしながら、お母さん人形を持ちながら「歩いてね。」赤ちゃん人形を持ちながら「抱っこ!」とやっていたらしい。大爆笑の図やった。。とバァバ談。

★ ももに「おねぇちゃんなのよ~~」と言っていたらしい。ももの方がのんちゃんより1歳半くらいおねえちゃんだ。ももはきっとこう思っていると思う。「オムツつけてるまだまだヒヨッコのアンタがおねえちゃんだなんて、笑わせるね!!この身の程知らずが!」

★ バァバとのお別れの挨拶・バイバイの挨拶の時「チャオ~♪」と言っていた。これも保育園で流行っているんだろうか。「え?今なんて言ったの!?」と聞き返しても、照れてもう言ってくれなかった。

2006.1.5 ソックにて
箕面市に、卸の「SSOK(ソック)」という問屋街がある。
久しぶりに母と、のんことソックに行ってきた。ここでは大抵の商品は市価の6掛け。ただし、会員しか利用できないんだけど。
ソックに行くと、いつも一日がかりになってしまう。

両親へ敷布団をプレゼントする。
今両親が使ってる布団は5年ほど前私が10万かけてプレゼントした羊毛敷布団と羽毛布団のセットだが、敷布団が駄目になってきたので。。

裏にマンションが建ち、日当たりが悪くなって敷布団があまり干せなくなってきているので冷たいのだ。

店員さんに敷布団には羊毛とダクロンの2種類だけしかないことなど詳しく教えてもらう。
羊毛は頻繁に干さないと冷たくなってしまうらしいが、ダクロンなら全然干さなくてもいいらしい。

私は「睡眠はとても大事なものなので、高くてもいいのが欲しい」と伝えると紹介されたのが、イタリアの「マニフレックス」社のもの。

10年保証が付いているイタリア製のマニフレックスの敷パッドを2本購入した。
これが、面白くて真空パックされており、じゅうたんのようにクルクル巻き込まれた状態になっており、軽の後部座席でも余裕で収まる。
開くと大きくなるという代物。
敷パッド確か一本2万円だったような。。卸なので、値段は気にせず買う。

ついでにマニフレックスの枕も買った。
これはお尻のような形のもの。1万円。枕で1万円は高いので、お試しという事でこれは一個だけにしてみた。

深い睡眠は、短時間でも疲れを取ってくれるので、睡眠はとっても大事。

のんこの世話を散々お願いしているので、布団派の両親にプレゼントだ。

その他実家用にお茶碗やら、下着や肌着や液体石鹸などの日用品を軽にいっぱい買い込み、帰途へ。


職場の先輩曰く「仲居さんごっこ」(=寝床の用意をする事)で、両親のお布団を整え、寝てもらって次の日以降、母からは「よく寝れる」となかなか好評。

ただし、大きくて(マットレスなので、布団のように真ん中がへこまない)押入れへの出し入れがしにくくて。。

今度は押入れの引き戸をロールカーテンだかに変えねば (^_^;)A



2006.1 編みかけセーター.JPG


ファミリアの無収穫バーゲンの後、帰りのホームステーションで、「新古書フェア」が開催されており、何気なく取った本が「広瀬光治先生と編もう 子どものセーター」って本だった。

表紙の写真がかわいかったのと、値段が半額近くになってるし、作り方を見てみるとメリヤス編みにちょっと透かし編みを入れただけですごく簡単だ。

ちょうどファミリアでニットカーディガンを買い逃しているので、今年は寒波だし、保育園でも気軽に着れるようなセーターをのんこの為に編もうかなという気になってきた。

そーだそーだ、今まで「かわいいベビーニット」類の本いっぱいあったのに、とうとう編む機械を逸し、「ベビーニット」じゃもう合わなくなってしまったんだよね。

でも、本当に今まで編み物する余裕なんてなかったからそれは仕方ない。

やっと今になって余裕?が出てきたんだもの。


余談だが、実は今までの編み物歴はベスト一枚にセーターは3枚。

うち、セーター2枚はメンズもの。

最初は中学の家庭科で自分用にピンクのモヘアでベストを編んだ。
色がかわいくて、近所のスーパーで特価品なのを買ったのだが、糸が足りなくなったのでセーターを編むつもりがベストになってしまった。

でも、何回もほどいて編み直しし、モヘアのフワフワ感がなくなりそうだったけど、、初めての作品にしては透かし編みが入ってまぁまぁの力作だったかなと思う。

その次は、最初の彼氏と自分用でお揃い色違いニット。
最初の彼氏は、「お揃いなんて絶対恥ずかしいから嫌だ」ってタイプだったんで、それならば、と逆に作ってしまった10代の頃からあまのじゃくな私だった。
編み物 過去の作品見本.JPG
そして、2枚目は凝った縄編みがいっぱい入ったセーター。
これは超力作。
でも、作り始めてから超忙しい助産婦学生生活が開始時期に重なり、出来上がりまでに役5年ほど要する。
ついでに言うとお渡しの相手も、最初に意図していた彼とは変わってしまい、が、私が作ったものには変わりないし、色も濃紺で誰にでも似合う色だったし、第一高い糸だったので、作り上げて次の彼氏にちゃっかりプレゼントしてしまう。

あんな凝った柄は、次に編むとしたら定年退職でもして時間ができた時にしかもう二度と出来ないなーーと思うが、もうその作品は手元にはなく、写真でも撮ってたら良かったと今でもちょっぴり後悔。

ただ、今回仕上がり見本写真が出てきたので、記念に掲載。


と、言うわけで若かりし頃、ちょっと時間かけて一応一通り編んだ経験があるので
、編み物に関してはまだ気軽に「やってみようかな」と思える。

家にはこれまた使いさしの毛糸がいくつかある。

アパレル関係に勤める叔母が以前同居していた頃、なにやら編んでいた残りだ。

当時私は小学生か中学生だったかもしれないが、母が「これはアルパカのすごーいいい糸なんよ」と言ってた覚えがある、ベージュのツイードの糸。大人用セーターが作れるくらい、かなりの量の毛糸玉がある。

とは言ってもあんまり女の子向きな色糸とも思えず、何年も押入れにしまわれていた糸だ。

この色合いなら、保育園で汚したって平気そうだ。d(^-^)♪

そうだ、これをジャジャッと編んで着せちゃおう!と決め、ゲージを取り(この作業がめんどくさくて嫌なんだけど、これをしないと後で大量にほどくはめになる可能性もあるから大事)11号の棒針で編み始めた。

出来れば熱の冷めないうちにガーッと編み上げてしまいたいところだが、保育園役員仕事や、本来の仕事やらで編む時間が取れなくなる可能性も見越して、かなり大きめに編むことにした。

今着てるファミリアのセーターを参考にする。

すると、広瀬先生の本で「110」と記載されているサイズはファミリアの100よりもひょっとしてい小さいかもという事が分かり、思い切って120くらいのサイズで編む事にする。丈を長くしておけば、最初はチュニック風に着とけばいいかと。

しかし、編んでいくと地柄がやはりちょい地味。。男の子だったらいいんだろうけど。。って事で、広瀬先生の表紙写真を参考に、セーターの首周りと裾にファーの毛糸をつけようと手芸店を物色。

すると、ファーの毛糸はポリエステル製が多い事を初めて知った。

それに、今年はファーの取り扱いが去年に比べてちょっと少なくなってる?かも。。
と、言うことで広瀬先生の本に載ってるのと同じファーは生産中止になっており、色々探して、現品限りの毛糸玉でひまわり色?なのを見つけ、あるだけ二玉買う。約1000円なり。う~~ん、お得だ。

手編みのセーターってなぜか着てもあったかいんだよね。

去年は暖冬だったので、あまりセーターなんて着ることなかったし、自分が高校生くらい時分と比べると、格段に毎年温暖化で、ニット製品って激減してるとは思うけど、ニットの温かみって特別なので、編み物は続けたいなぁと思う。

母はこの日夜勤明けでした。

「今日は子供服バーゲンがあるので絶対定時で上がらせて頂きます。」と宣言し、即効で上がる。

そう、今日は年に2回のお楽しみの子供服バーゲン初日なんです!!

もちろん行き先は「ファミリア」

でも、9時半に上がったので、本店には開店前に並べなかったから、10時開店の大丸狙い。

9時45分くらいに大丸に着いただろうか。


なんと、今年は開店前に待つ人に整理券が配られていた。。。。


年々戦闘が激しくなっている証拠か!?!?


私に渡された整理券の番号は79番。

会場は最上階催し場で、10時と同時に入場だがみんな走る走る!
一瞬で商品がなくなってしまう!! w(゜o゜)w !!

やはり100&110は一番の激戦ゾーン・でも今年は正規品でもなかなかいいデザインがなかったがバーゲンでもやはりない!

唯一欲しかったのはこのブログでも以前掲載したベージュのカーディガン。
でも全然バーゲン会場にない。今年のバーゲンには出なかったのか?
あきらめモードだったけど、同じデザインで大人用発見、おお、これはお揃いスタイルだったのか。。ますます欲しかった。。と思ってたけど、そうしているうちにバーゲン会場で待ち合わせをしていた幼馴染のYちゃんから「お姉ちゃん!お姉ちゃんの欲しいの持ってる人いる!」とメール。

それからの私達の行動は。。

欲しいカーデガンを持っている人が、それを捨てないか、ハイエナのように後を付回し、チェック。


私 ; 「なー、姉ちゃんあの人に『譲ってください』って直接交渉に行こうかなと思うねん」

Yちゃん ; 「えー、でもそんなん、他の欲しい人がいるって思ったらきっと惜しくなって捨ててくれないかも」

私 ; 「そーやなー、そうやなーー」


その人は結構何回もその商品を袋から出し、手にとっては眺めていた。


Yちゃん ; 「あれ、結構迷ってるんちゃうかな。高いしさ。。あの人あーやって何回も見てるよ」

私 ; 「そやなー」


なんて、言ってるうちに、なんとその人がレジに行ってしまった!!( ̄□ ̄;)!!


私 ; 「あーー!(T-T) こんなんやったらダメでも頼むべきやった!!」

Yちゃん ; 「お姉ちゃん!今からでも言いにいったらええやん!」

私 ; 「いや~~、今更行って『譲ってください』なんて言ったらずっと付けてたのがバレてしまって、思いっきり怪しい人やからできない。。」

Yちゃん ; 「(お姉ちゃんでもできん事あるんや、と思ったと思う)・・・」

私 ; 「Yちゃんやったら子連れやから頼んだら譲ってくれるかもしれない、もし良かったらお願いしてきてもらえへん?御礼するからさー」

Yちゃん ; 「!?!(えー、お姉ちゃん、アタシに頼むかぁ!?と、きっと思ったと思う)」

Yちゃん ; 「よし!そんなら行ってくる!」









その後

Yちゃん ; 「頼んだんだけど、『ずっと迷って、でも買うって決めたんで、でも大事に着せて頂きます』って断られちゃった。。」

私 ; 「おぉ、妹よ、ありがとう。。。」


と、言うことで、今回のバーゲンではなんと何も買わず。驚きの収穫なし。

探偵まがいの尾行術を身に付けた事が収穫か!?

非常に節約になりました。

でも、気に入ったものしか欲しくないから。。これはこれでよしとする。

こんだけ欲しいならプロパーで買えばいいぢゃん!って声が聞こえそうだけど、バーゲンでたとえ3割でも安くなったのをお得に買う快感、かけひきが楽しくてバーゲンははずせないんだよねーー。(^m^)


母は朝から仕事でございました。正月勤務手当て頂きです。ゞ( ̄ー ̄*)

お正月期間は休日ダイヤで電車が空いてるのがとてもありがたいです。

職場は、嵐でした。。(>_<)

入院患者さんはお正月って帰りたがるんだけど、今日はうちの病院が輪番日。2人入院が来ました。なのに、なのに、輪番日ってのに、スタッフ数一人少ないってどーいうことなんですか、師長さん!?わ~~ん!
即効定時で帰らせて頂きたいとこだったけど、残業ありました。グスン。ヾ(>y<;)ノうわぁぁ

入院患者さんの今年の流行は「嘔吐下痢」
だったんだけど、とうとう「インフルエンザA型」が出始めました。
皆様も、お身体にはどうぞお気をつけて。


↓写真は昨日のお正月撮影分です。

2006.1.1 H小学校バックに




新年早々行ってきた温泉は鳴尾浜近くにある「熊野の郷」

「地下1000Mより湧き出る・・」と謳っているので本物かと?
本物の温泉からの湯につかると、次の日まで身体がぬくもるものだ。

家からの移動中車内で寝てたのんちゃんだけど、起きてからはハイ。

「イエ~~イ!!」2006.1.1 熊野の郷にて.JPG

本当は脱衣室で全裸写真を撮ったんだけど、さすがに幼女へと変化してきたので、浮かれてる顔だけの掲載とする。

0歳~1歳になるまでの間は、できるだけ裸の写真を撮っていた。
裸だと、月齢での体型の違いがはっきり分かる為だ。
今も、お腹ポッコリなんだけど、手足が伸びてきた。
この写真でも、手を上げてるが、あばら骨が見えてる。
全体的にすらりとしてきたなぁと思う。

浴用オモチャの、ボーネルンド製水鉄砲の初顔テントウムシがお気に入りで、ニコニコ。

だが、まだ浴室では油断できない。
滑って転んだりしないかヒヤヒヤしてしまう。

そんなこんなで、温泉でじっくり疲れを取るってのにまでは至らずだけど、露天風呂やジャグジーに入ったりで気持ち良かったです。

これで明日からも元気をたくわえて、4日の夜勤明けファミリアバーゲンまでに英気を養っておかねば。。




このブログを読んで下さっている皆様、明けましておめでとうございます。

2006年1月 ももケンブログ用年賀状.JPG


今年は戌年なので、私にとっては本来長女的な意味合いを持つもも(右・♀・4歳)とその息子・ケン(左・♂・2歳)よりお正月のご挨拶。

さてさて2006年の幕開けは・・?


明け方4時ごろ、のんこがひどく泣いた。
「お尻が、お尻が、痛い!」とかって言ってる。

オムツを広げると、下痢?便中等量付着。

まさか巷で大流行の「嘔吐下痢」症前兆じゃないだろな。。うちに下痢止め薬の在庫はないんだよ。。と思いながら、泣きぐずるのんこの○ンコオムツを替え、ベッドから台所へ抱っこしていって牛乳を所望するのんこに、レンジでほどよい温度にチンしたぬる牛乳を飲ませ、その後またパイを差し出して、の新年幕開け。

あーー、最近ここ何ヶ月かなかったのに、夜泣きで始まった新年だよ。。と思ってたら、朝、寝坊した!!

実家からの電話で目が覚めたのはなんと11時すぎ!

寝坊なんて、それこそ仕事に復帰して一回もなかったんちゃうか?!?ってくらいだったんだけど、なんで今日の寝坊が不覚だったかと言えば、そりゃあなた


アカチャンホンポの初売り・レゴ福袋を

ゲットする予定だったからですがな!!


ウガァ~~~~(`0`)ノ"



とりあえず、まだ残ってるかどうか電話でお店に確認すると

「一つだけ、残っています」

との返事。


クワーー、絶対ゲット!p(^_^)q



と、でも子持ちだと出かけるのにやはり時間を食う。
のんこに適当にそこらにあるおかきなんかを食わせながら、(のんこにとっての2006年食べ始めはおかきだよ、、、)ポストに入ってる年賀状にも目をくれず、一目散でアカチャンホンポに車を飛ばす!


が、売り切れ。。。。(T-T)


レゴ福袋は6種類くらい対象年齢層に分けて用意されてたんだが、一つ5千円で、大体1万2千円くらい分の商品が入ってた。
私が欲しかったのはデュプロの分で、去年の新作だったダックスフント型の入れ物にデュプロが詰まってたのが×2個も入ってたし、、、すごく欲しかった・・なかったら、ますます欲しかったと思えてしまう。。

レゴはこのアカチャンホンポ初売り福袋がなんといっても一番お得だと思う。

アウトレットや、いつものアカチャンホンポ値段より一番安いのだ。

ただし、私が欲しいのは20個しか用意されていなかった。

あーー、でも寝坊しなけりゃ、開店同時に入れてたら絶対ゲットできたのに。。

と、ますます悔しさがこみ上げてくる。
なんの為に元旦休みやったと思ってるんよーー、バカバカバカーー!と後悔してもまさに後の祭り。

あの、4時ののんこ夜泣きがなけりゃーー、とかつい思ってしまう。

来年の福袋ではもう4歳になってるのんこにはデュプロはいらないだろうし、かと言ってデュプロを卒業して基本セットの大きさになっていくとレゴは途端に男の子仕様になってくんだよなぁ。。

って事で、今年のレゴ福袋をゲットしそこなったのは私的にはかなり痛いスタートだった。本当に何度思い返しても悔しすぎる。


って事で目指すレゴがないなら用は無し。即効で引き上げる。

実家に直行し、2万5千円もしたというフランス料理のお重をおすそ分けしてもらう。
ロブスターやラム肉なんかも入ってたーー、あぁ、作らなくていいって幸せ。。

食べてる途中にのんこから遊びの誘いが入り、しまじろうの1月号を出してちょっと遊ぶ。
しまじろうの1月号はお正月特集だったから、12月に届いていたんだけど、開けるのは年が明けてから、と思って待ってたんだ。

一緒にハサミで教材を切ったりシールを貼ったり少ししてたら。。


眠くなってきた。。(_ _)zzz...



いかん、いつも職場で慌しく過ごす毎日だから子供とほんわかのんびりと?家で遊んでたら眠くなって仕方がない。。

と、言うわけで目を覚ます為?にのんことももケンと公園に行く事にした。

で、のんこを公園のロング滑り台で「初滑り」してきました。

1.1 のんこと初滑り1.JPG1.1 のんこと初滑り2.JPG


ももケンには、大好きなボールを投げて、たーくさん遊びました。
途中マロンちゃんも公園に遊びに来てくれて、みんなで仲良く遊びました。

2006.1.1 ボール大好きもも♪.JPG


2006.1.1 だるまケン.JPG2006.1.1 マロン.JPG


のんこにも、スーパーボールを持ってきてて、ワンコと同じように「それっ!」と投げると「ワーイ!」と喜んで取りに行く。。。

そこまではいいんだけど、取ってきたスーパーボールを、ももの真似をしてふざけて

口にくわえて持ってこようとしたから (>_<)


「それはせんでよろしい」と一喝。


1.1 うらめしやのんこ.JPGしかし帰りは、眠気と空腹ののんこ、機嫌が超悪になり、「抱っこ!」と泣いてねだる。
しかし3歳にもなった子供を甘やかして抱っこして公園から家までの長距離を歩く気なんてさらさらない私は、ビーギャー泣かせながら連れ帰っていたら、なんとバァバが頼んでもいないのに自転車で迎えに来てくれた。

まったく、おいしいとこ取りだ。。。
(って、助かったんだけど)

で、バァバの自転車後部座席からうらめしげな目つきののんこを激写。

そうこうしているうちに夕方となり、Y家のS嬢と夜温泉に行く事に。

それは次に。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。